アカショウビンの季節もあとわずか

アカショウビンの子育ても終盤にはいり、
姿を見られるのもあとわずかとなりましたので、
最後のお別れのつもりで出かけてきました。

店じまい前の出血大サービスというわけでは
ありませんが、朝から何度も姿を見せてくれて
普段は止まらない明るい枝にも何度も止まってくれました。

アカショウビン
D700:AF-S Nikkor ED500mm F4DⅡ


# by KX2_Birder | 2014-07-21 22:00 | アカショウビン | Trackback | Comments(2) 

クイズ!親鳥を探せ!!

先日はまだ小さなオシドリのヒナを紹介しましたが、
先月紹介したオシドリのヒナたちは、もうすっかり
親と見間違うほど大きくなっていました。

下の画像には、どちらも親鳥が一緒に写っているのですが、
どれが親鳥かかわりますでしょうか?


オシドリ
D700:AF-S Nikkor ED500mm F4DⅡ


# by KX2_Birder | 2014-07-17 22:00 | ガン・カモ | Trackback | Comments(2) 

止まりモノなのに流れる背景

先日、青い池を背景にしたアカショウビンの画像を
紹介しましたが、同じときに撮ってボツになった画像が
いくつかあります。

前回は、静かな青い池を表現したくて、水面の穏やかな画像を
選んだのですが、ボツの画像もそれなりに面白いかなと
思いましたのでご紹介することにします。

止まりモノの画像なのに流し撮り風に背景が流れているように
見えます。水の流れはありませんので、風で波が立ち流れて
いるように見えるんだと思います。


アカショウビン
D700:AF-S Nikkor ED500mm F4DⅡ


# by KX2_Birder | 2014-07-15 22:00 | ガン・カモ | Trackback | Comments(2) 

オシドリのヒナ

お山に遅い繁殖ペアの子か二番子かわかりませんが、
まだ小さなオシドリのヒナがいました。
ほかの家族の雛たちは、もう親と見間違えるほどに大きくなっているのに
この家族のヒナは、かわいい盛りです。




オシドリ
D700:AF-S Nikkor ED500mm F4DⅡ

# by KX2_Birder | 2014-07-13 22:00 | ガン・カモ | Trackback | Comments(2) 

アカショウビンの瞬膜

鳥の写真を撮っていて、ときどき悩ませられるのが瞬膜。
半透明の薄い膜で、飛び込むときなどに目を守る役目をします。
瞬膜が出た画像は、目が白く濁り、鳥の生き生きとした感じが
伝わらないため、多くはボツとなりますが、中には面白い
画像があったりします。

飛び込むときのほかに、餌を飲み込むときや体をブルッと
震わせるときにも瞬膜が出ます。

瞬膜は、まぶたと違い、目頭から目じり方向に横に閉じます。
大きな猛禽類では、瞬膜が途中まで閉じた画像が撮れることがあり
横に動いていることが良くわかります。

自分で瞬膜画像掲示板を立てているのに、アカショウビンの画像も
瞬膜が出ているものはボツにして削除しているものが多く
在庫の中で瞬膜が出ているものから面白そうなものを選びました。
縦横50%くらいのトリミングをしています。





# by KX2_Birder | 2014-07-10 22:00 | アカショウビン | Trackback | Comments(0) 

コダマ(木霊)

アカショウビンを撮っているときに、ふと横の木を見ると
どこかで見たような光景が、、、

先日、テレビで「もののけ姫」をやっていましたが、
その中に出てくるコダマ(木霊)のイメージと重なったので
思わずそのまま500mmで撮った画像です。

アカショウビンのいる深い豊かな森は、もしかしたら
本当にコダマがいるかもしれない。そう思わせる幻想的な
世界です。





# by KX2_Birder | 2014-07-07 22:00 | 野生生物 | Trackback | Comments(4) 

いつもの枝のアカショウビンも、、、


いつもの枝止まりのアカショウビンの画像なので
私は普段、ほとんどトリミングしないのですが、
変化を出すために少しトリミングしてみましょう。


まずは、1対2トリミング
縦1に対して横2の比率でトリミング
パノラマ風で広がりを感じますね。



おなじみに縦位置トリミング
縦横の比率を逆にして、縦位置風にトリミング

アカショウビン
D700:AF-S Nikkor ED500mm F4DⅡ


# by KX2_Birder | 2014-07-06 22:00 | アカショウビン | Trackback | Comments(2) 

< 前のページ 次のページ >