ヒバリ、コヒバリ、ヒメコウテンシ

先日出会ったヒメコウテンシは、2週間経っても
同じところで餌を採っていました。
抜けたと思っていたシベリアジュリンもまだ同じところに
滞在していました。こちらも2週間の滞在です。

今回、ヒメコウテンシをじっくり撮ることができましたので、
以前に撮ったヒバリ、コヒバリの画像と比較してみたいと
思います。

まずは頭から胸にかけての比較です。
左からヒバリ、ヒメコウテンシ、コヒバリの順です。

・全体の色はヒバリに比べてヒメコウテンシは少し色が淡い感じですが、
 コヒバリはかなり白っぽく見えます。

・クチバシは、ヒメコウテンシはヒバリに比べて少し太めで
 短い気がしますが、フィールドでの見分けは難しいと思います。
 コヒバリは、明らかにクチバシが短いのがわかります。

・胸の斑はヒバリが濃く、コヒバリは薄く数も少なく
 ヒメコウテンシはありません。

続いて、背中側の比較です

・全体の色は、ヒバリの茶色が濃く、ヒメコウテンシは少し淡く
 コヒバリはかなり白っぽく見えます。

・初列風切は、ヒバリが次列から少し出ているのに対し
 コヒバリはより長く出ています。
 ヒメコウテンシは、初列風切がほとんど見えません。

最後に足の色の比較です。


・足の色も若干の違いはあるようですが、
 フィールドで見分けられるほどの大きな違いはないようです。


(注)上記の比較は、私が出会った個体での比較ですので
   個体差等で違いが出ることをご理解のうえご参考ください。


# by KX2_Birder | 2015-04-21 22:00 | 鳥・撮り・トリビア | Trackback | Comments(0) 

田んぼにムナグロ

まだ田んぼには水が入っていませんが、
乾いた土が好きなムナグロたちが入っていました。

これからしばらくは滞在してくれると思いますが
田んぼに水が入りだすと、ムナグロに混じってほかの
シギチが入ることがありますので、チェックが楽しみです。





ムナグロ
D300s:AF-S Nikkor ED500mm F4DⅡ


# by KX2_Birder | 2015-04-20 22:00 | シギチ | Trackback | Comments(0) 

海岸でチュウシャクシギ

そろそろ海岸にもシギチが入る頃だと様子を見に行きましたが、
今日はチュウシャクシギが3羽とシロチドリたちだけでした。

もうじき、いろんなシギたちが渡ってきますね。


チュウシャクシギ
D300s:AF-S Nikkor ED500mm F4DⅡ


# by KX2_Birder | 2015-04-19 22:00 | シギチ | Trackback | Comments(0) 

カシラダカ

近所の林にはホオジロ類がたくさんいました。
カシラダカもあちこちにいます。

カシラダカ
D300s:AF-S Nikkor ED500mm F4DⅡ



# by KX2_Birder | 2015-04-18 22:00 | 野鳥全般(野山) | Trackback | Comments(0) 

ヒバリの砂浴び

道路脇の砂で、ヒバリが砂浴び
気持ちがいいのか、かなり近くでレンズを向けても
動じることなく砂浴びを続けてました。




ヒバリ
D300s:AF-S Nikkor ED500mm F4DⅡ


# by KX2_Birder | 2015-04-17 22:00 | 野鳥全般(野山) | Trackback | Comments(2) 

真っ黒ハジロ

港には、夏羽になって真っ黒になった
ハジロカイツブリがいました。

名前を付けるときは、やはり冬羽を見てハジロと
名づけたんでしょうね。
もしこの夏羽を見て、ハジロと名付けたなら、
ある意味その人の感性はスゴイ!



ハジロカイツブリ
D300s:AF-S Nikkor ED500mm F4DⅡ


# by KX2_Birder | 2015-04-16 22:00 | 野鳥全般(水辺) | Trackback | Comments(0) 

鮮やかアトリ

近所の河原でたくさんのカワラヒワたちが餌をついばんでいましたが
少し離れたところに色鮮やかな小鳥たちも数十羽の群で餌を
ついばんでいました。
少し近づいてみるとアトリです。
もう北へ帰ったものと思っていましたが、まだたくさん残っていました。






アトリ
D300s:AF-S Nikkor ED500mm F4DⅡ


# by KX2_Birder | 2015-04-14 22:00 | 野鳥全般(野山) | Trackback | Comments(0)