第12回構造色シンポジウムのお知らせ

11月19日に「第12回構造色シンポジウム」が開催されます。
今回は、 「アモルファスとクリスタルなフォトニック構造による発色」というテーマで、一見鳥とは関係なさそうなテーマですが、実は、カワセミのブルーはアモルファスな微細構造を利用して発色しています。
お近くの方、興味ある方は、是非参加されてみてはどうでしょうか?

a0039245_23185196.jpg


第12回構造色シンポジウム
 ・日時:2011年11月19日(土)午後、13:00時開始の予定
 ・場所:名古屋大学東山キャンパス、ベンチャー・ビジネス・ラボラトリー3F、ベンチャーホール
     〒464-8601 名古屋市千種区不老町
 ・交通アクセス: http://www.nagoya-u.ac.jp/global-info/access-map/access/ (名古屋大学のページです)
  キャンパスマップ: http://www.nagoya-u.ac.jp/global-info/access-map/higashiyama/
 ・参加費:無料

セッション1:アモルファスとクリスタルなフォトニック構造による発色
「多様な微細構造を利用した生物の構造色」 吉岡伸也(大阪大学)
「超高分子量ブロック共重合体の巨大グレイン形成とフォトニック結晶への応用」 岡本 茂(名古屋工業大学)
「フォトニック・アモルファス・ダイヤモンドにおける光禁制帯形成」 枝川 圭一(東京大学)
「アモルファスコロイド粒子による発色」 竹岡 敬和(名古屋大学)
「フォトニック結晶とアモルファス構造による発色の比較」 木下修一(大阪大学)

セッション2:ポスター発表

by KX2_Birder | 2011-08-08 22:00 | 野鳥全般(その他) | Comments(2)  

Commented by feigao at 2011-08-12 22:46
你好!KX2_Birder!!
カワセミの色は本当に綺麗で不思議だな~と思っていたので、とても興味があります。
でも名古屋なのですね…orz ちょっと遠いです(><)
KX2_Birderさんは行かれるのですか?
Commented by KX2_Birder at 2011-08-13 01:05
ニイハオ fei!
構造色は、その原理を追及すればするほど奥が深くて
底なし沼のようです(^^;

名古屋は遠くていけません~

<< クロハラアジサシ ヒマワリ畑 >>