雨乞鳥

アカショウビンは、別名「雨乞鳥」とも呼ばれていますが、
私の経験では、カワセミやヤマセミのように水が得意な鳥では
ないように思います。

確かに雨が降ると、餌になるカエルの活動が活発になるので
雨の日に見る機会が増えてもおかしくないのですが、
実際には雨の日だからと言って見やすかったということは
ありません。

でも、あの泣き声が「雨を呼ぶ声」という雰囲気は、良くわかります。

朝から雨の降るこの日、つかの間の雨が弱くなった時に
登場してくれました。雨のおかげで、緑が鮮やかに見えます。

a0039245_7235023.jpg
アカショウビン
D700:AF-S Nikkor ED500mm F4DⅡ

by KX2_Birder | 2012-06-30 22:00 | アカショウビン | Comments(4)  

Commented by JUNE-2012 at 2012-07-09 13:07
はじめまして^^
アカショウビンはなかなか出逢えない鳥だと聞きました。森の中で見ると本当にキレイな鳥ですね!感動しました!私はカワセミも見たことがないので、1度この目で見てみたいです。
Commented by KX2_Birder at 2012-07-09 15:07
JUNE-2012さん、
> アカショウビンはなかなか出逢えない鳥だと聞きました。

JUNE-2012さんの表現が正しいです。
アカショウビンは、けっこうあちこちにいるんですが、
出会うとなると難易度が高くなります。
まして撮影となるとどこでもOKというわけには
いきませんね。

JUNE-2012さんも、いつかきっと会えると思いますよ!
Commented by JUNE-2012 at 2012-07-09 17:33
いつか会えるといいなー^^
KX2 Birderさんが会えると言ってくれると
なんだか会えるんじゃないか!!って気持ちになりました♪まずはどんな鳥なのか、色々調べてからですね^^;頑張ります☆

Commented by KX2_Birder at 2012-07-09 17:59
JUNE-2012さん、
> まずはどんな鳥なのか、色々調べてからですね^^;頑張ります☆

おっ!前向きじゃん!

<< 山のオシドリ 山のカワセミ >>