2012年1月、2月の鳥たち

早いもので、もう12月、
一年を振り返ってばかりのような気がします(^^;

昨年の1月、2月は本当に雪が多くて、どこに行っても
鳥がいな~いという日が続きました。

あんまり雪が多くて、ツグミたちさえ見えない状況でした。

ハクガンたちも2月中旬にようやく一部が戻ってきましたが
真っ白な中で探すのも大変な状態でした。
a0039245_22949100.jpg


そんな中でも、カワアイサ、ミコアイサ、ホオジロガモなどのカモ類たちは
ちゃんといつもの水路のわずかな氷の解けた開口部で暮らしていました。
a0039245_22272048.jpg
a0039245_227796.jpg
a0039245_338247.jpg


これほど、春が待ち遠しかった冬はありませんでした(^^;

by KX2_Birder | 2012-12-06 22:00 | 2012年の鳥たち | Comments(2)  

Commented by fpbird at 2012-12-07 08:46 x
ハクガン、しばらく、新潟に滞在してくれるかな〜

そちらの群れは移動しましたか?
Commented by KX2_Birder at 2012-12-07 09:16
fpbirdさん、
> ハクガン、しばらく、新潟に滞在してくれるかな?

ハクガンたちは、毎年渡ってくると一旦新潟に降りて
また数日で戻ってきます。
その後、こちらの雪の状態で、また新潟に戻るかこちらに
長期滞在するかという行動をしています。

なぜ、毎年、一旦数日間だけ新潟に渡るのかは謎ですが、
新潟の下見に行ってるのかもしれませんね。

今年は、90羽を超える数ですから、群れが分かれて別々の
行動をするということも考えられますので、目が離せませんね。

<< クロツラヘラサギ タンチョウは意外と気が荒い >>