ガンたちの塒からの飛び立ち

各地の越冬場所から北へ帰るために10万羽を超える
ガンたちが集結しています。

集まったガンたちは、氷結した湖の真中で夜を過ごし
明け方、田んぼへ餌を採りに行くため一斉に飛び立ちます。

一番大きな群れの飛び立ちは、5時30分頃で日の出前の
真っ暗な中でした。
でも多数のガンの羽音がまるで電車、いや新幹線が
通過するかのような轟音となって、あたりに響いているので、
真っ暗闇の中でもガンたちが飛び立っていることがわかります。

まもなく、その轟音と無数のガンたちの鳴き声が迫り
頭上を覆い尽くすように通り過ぎます。

画像は、あたりがようやく明るくなり始めた6時頃、
残った小さな群れの飛び立ちです。

a0039245_0541347.jpg
a0039245_0542421.jpg
a0039245_0543790.jpg
a0039245_0551386.jpg
a0039245_0552468.jpg
a0039245_0553992.jpg
a0039245_0555033.jpg
D700:AF-S Nikkor ED500mm F4DⅡ

by KX2_Birder | 2014-03-02 22:00 | ガン・カモ | Comments(4)  

Commented by 山国の鳥見人 at 2014-03-03 20:10 x
いや〜、見事な群れですね。
最後の小さな群れと言っても壮観な光景でしょうね。
Commented by KX2_Birder at 2014-03-03 20:57
山国の鳥見人さん、
やはり一番体験して欲しいのは、画像に残せない暗闇の中の
轟音です。
目の前で何が起きているのかが、わからない神秘さと
その轟音の塊が迫りくる迫力は、画像でも字でも表現
しきれません。

是非、一度、体験しにきてください!
Commented by fpbird at 2014-03-04 14:45 x
静寂とそれを割る羽音と声 空気感が素敵です‼︎
Commented by KX2_Birder at 2014-03-04 15:17
fpbirdさん、
こちらでは、もうあちこちの田んぼでガンだらけです。
珍しいガンが混じっていないか、ひとつひとつの群れを
確認するのが無理なくらいです。

ハクガンもまだいますよ!

<< ハクガンとも、もうすぐお別れ ウミウ >>