アカショウビンの瞬膜

鳥の写真を撮っていて、ときどき悩ませられるのが瞬膜。
半透明の薄い膜で、飛び込むときなどに目を守る役目をします。
瞬膜が出た画像は、目が白く濁り、鳥の生き生きとした感じが
伝わらないため、多くはボツとなりますが、中には面白い
画像があったりします。

飛び込むときのほかに、餌を飲み込むときや体をブルッと
震わせるときにも瞬膜が出ます。

瞬膜は、まぶたと違い、目頭から目じり方向に横に閉じます。
大きな猛禽類では、瞬膜が途中まで閉じた画像が撮れることがあり
横に動いていることが良くわかります。

自分で瞬膜画像掲示板を立てているのに、アカショウビンの画像も
瞬膜が出ているものはボツにして削除しているものが多く
在庫の中で瞬膜が出ているものから面白そうなものを選びました。
縦横50%くらいのトリミングをしています。
a0039245_13194325.jpg

by KX2_Birder | 2014-07-10 22:00 | アカショウビン | Comments(0)  

<< オシドリのヒナ コダマ(木霊) >>