エゴガラ

ゴーヨンは、無事修理から戻ってきました。
見積もりではAFユニット交換の予定だったのですが、
調整で直ったようで2万円ちょっとで済みました。

今日は、AF調整後の確認も兼ねてエゴノキの実を
食べにくるヤマガラを撮りに行ってきました。

エゴノキの実は、ほとんど落ちていて木に付いて
いるのは少しでしたが、それでも何度も来てくれるので
AF確認にはもってこいの被写体でした。

今日は、木になった実を採りに来たヤマガラの画像を
ご紹介します。
a0039245_1382320.jpg
a0039245_1385466.jpg
a0039245_1404650.jpg
a0039245_1412755.jpg
ヤマガラ
D300s:AF-S Nikkor ED500mm F4DⅡ

by KX2_Birder | 2014-11-08 22:00 | 野鳥全般(野山) | Comments(2)  

Commented by tuka_PON at 2014-11-09 18:35 x
ゴーヨン復活おめでとうございます。
僕も一度経験のためにレンズのピント調整に出してみたいのですが、その間撮りにいけなくなると思うと踏ん切りがつきません(^^;
よく考えると、この趣味って自分で計画しないとオフシーズンを作れない趣味ですよね・・・
Commented by KX2_Birder at 2014-11-09 23:01
ニコンとキヤノンでは、対応が違うかもしれませんが
ニコンだとだいたい1週間で戻りますので、月曜に送れば
翌週末までには出来上がると思います。
ピントに不満がないのなら、調整に出す必要はないですよ。
逆にピントを疑いだすと疑心暗鬼になって、いくら調整しても
安心できなくなりますから気にしないのが一番です。
鳥は気ままで、精密機器の精度で取り組む相手ではないですから
だいたいでいいんです(笑

<< エゴノキの実を拾うヤマガラ ゴーヨンはAFユニット交換へ >>