アオハクガンをじっくり観察

ハクガンたちの行動をじっと観察していると
アオハクガンがいつも2羽で行動していることがわかりました。
もしかしてペアになったのでしょうか?
来年、アオハクガンの子供が見られるかもしれませんね!
a0039245_1283582.jpg
a0039245_1295491.jpg
a0039245_130558.jpg
ハクガン

by KX2_Birder | 2015-02-07 22:00 | ハクガン | Comments(6)  

Commented by ural_owl at 2015-02-08 09:29 x
アオハクガンとハクガンの子供はどんなふうになるのでしょうね?
生物の進化の過程を観察できるチャンスかも、興味深いです。
Commented by KX2_Birder at 2015-02-08 17:59
アオハクガンは白色のハクガンと色を決定する遺伝子が一つちがうだけで、
アオハクガンになる遺伝子が優勢なのだそうです。
ペアを組むのが白色のハクガンですので、メンデルの法則からすると
アオハクガンと白色のハクガンが1:1か3:1で生まれるはずですので
秋には、アオハクガンの幼鳥が見られるかもしれませんね!
Commented by m2bird at 2015-02-08 22:18
子育てはロシア? それともカナダ?
Commented by KX2_Birder at 2015-02-08 22:51
ほかのハクガンと一緒にロシアでしょうね。
Commented at 2015-02-09 09:11 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by KX2_Birder at 2015-02-09 09:24
鍵さん、
北米では地域によって、比率が違うそうですが
白いハクガンは白いペアを選ぶ傾向があるらしいです。
アオハクガンの遺伝子が優勢なので、日本に渡来する
アオハクガンも増えるかも知れませんね~

<< シジュウカラガンは1,500羽へ 今週のカササギくん >>