欧陽菲菲のようなアカショウビン

オスが大きく羽を広げてメスを呼んでいます。

なぜかは知りませんが、知り合いがこの画像を見て
欧陽菲菲のようだと言っていました。
a0039245_042681.jpg
アカショウビン
D700:AF-S Nikkor ED500mm F4DⅡ

by KX2_Birder | 2015-07-08 22:00 | アカショウビン | Comments(4)  

Commented by 山好人 at 2015-07-09 19:50 x
「欧陽菲菲」ですか 実に懐かしい。イメージ的にわかるような気がします。(年齢がわかってしまいます。(笑)) 私の場合「ヘンコ」(意味がわからないかもしれませんが これも(笑))で 隣町にこの鳥が出たよ と言われても動きませんでした。いくつかの意味で「オリジナル」が欲しい、ただそれだけなんです。隣県でアネハヅルが出たと言われても同じです。「北の大地」は自分の生活圏の一環、地元は播州より離れる気がありません(笑)。でもアカショウビンって十分すぎるほど魅力的ですね。秋の「北の大地」からの帰り道よってみたいものです。多分いないと思いますが(笑)。
Commented by KX2_Birder at 2015-07-09 20:12
山好人さん、
ヘンコですか(笑、なんとなく語感から意味がわかるような気がします。
私も基本は地元でしか鳥を見ません。アカショウビンも地元の鳥という感覚です。
珍鳥で遠方に出向いたということは、ほとんどないですね(^^;
それと、こちらはそちらと鳥をとりまく状況が違い、私がこれまでご紹介している
アカショウビンの画像もほとんどは、おそらく私一人かほかに1~2名しか撮って
いないシーンなんですよ。
Commented by MrB at 2015-07-09 20:59 x
私には、どちらかというと、ジュディ オングに見えますね。
基本的には、地元が多いですが、アカショウビンは別格ですね。一度魅力に触れてしまうとどうしようもありません。地元で見られるのが羨ましいです。
先日、地元でアカショウビンの声を聞く事が出来ましたけど、見る事は殆ど可能性ゼロな場所なので、取りあえず、居る事が分かっただけで満足しようと思ってます。
Commented by KX2_Birder at 2015-07-09 21:15
MrBさん、
ジュディオングの「魅せられて」は記憶にハッキリあります。
欧陽菲菲は、どうだったかと言われても、ちゃんとしたイメージが
ないような・・・(笑

<< 雨にたたずむアカショウビン アカショウビン、いい感じの倒木... >>