アカショウビン、後半の餌は山のもの

アカショウビンのヒナたちは、今頃どうしているんでしょうね

ヒナが小さいうちは、運んでいる餌はオタマジャクシや
ヤゴなどの小さめの水生昆虫などが多かったのですが、
後半は、たまにカエルも運びますが、トカゲやセミなどの
山の生き物が中心になっていました。
a0039245_155042.jpg
a0039245_162288.jpg
a0039245_16503.jpg
アカショウビン
D4s:AF-S Nikkor ED500mm F4DⅡ

by KX2_Birder | 2015-08-20 22:00 | アカショウビン | Comments(2)  

Commented by 江別のT at 2015-08-20 22:47 x
水辺での餌採りのイメージが強いですが、やはり森林性なだけありますね。それにしましても素晴らしい画像です。アカショウビンの大きな嘴の使い方が良くわかりますね。
Commented by KX2_Birder at 2015-08-21 07:44
江別のTさん、
アカショウビンが木から直接餌を摂る瞬間は、
ヒラっと身をひるがえして、思わず「さすが!」
と言いたくなります。

<< アカショウビン、雨の日は ニュウナイスズメの集団水浴び >>