Nikon D500の実用範囲の高感度

久しぶりの新しいカメラの投入で
Nikon D500の高感度を試してみました。

下のエナガの画像は、どちらもISO3200ですが、
明るいところでは、ISO3200も細部の描写がしっかり残っていて
ほとんど気になるノイズがなく使える範囲だと思います。
a0039245_4521218.jpg
a0039245_4523730.jpg
エナガ(ISO3200)
D500:AF-S Nikkor ED500mm F4DⅡ

下のクロジは、ISO1600で暗い林の中で撮影しています。
ブログの鑑賞サイズでは、ノイズを気にすることなく
使えそうに見えますが、等倍で見るとかなりノイズが出ています。
できれば、ISO800くらいまでに抑えたいところです。
それでも、D300sに比べると格段の進化で、ノイズの出かたも
自然で描写に悪さをしていないので、いざというときには使える
範囲だと思います。
a0039245_52666.jpg
a0039245_524125.jpg
クロジ(ISO1600)
D500:AF-S Nikkor ED500mm F4DⅡ



by KX2_Birder | 2016-05-04 22:00 | 機材他 | Comments(0)  

<< オバシギ キョウジョシギ >>