2016年1月、2月の鳥たち

早いもので、今年も残り半月あまりとなりました。
そろそろ始めないと、年末までに全部紹介しきれないので
今年も恒例の1年の鳥の振り返りを行います。

まずは、1月、2月の鳥を紹介します。

真冬の楽しみは何といっても港めぐりです。
カモだけでなく、アビ類やウミスズメ、ウミガラスなど
この時期でなければ会えない鳥に会うために
海が荒れるのを楽しみに天気予報を見ています(笑
a0039245_145013.jpg
a0039245_1454314.jpg
ハシブトウミガラス
a0039245_155344.jpg
シノリガモ

ここ数年は、ハクガンたちはこちらで一冬を過ごしています。
2月下旬から3月初めには北へ旅立ってしまいますので
3ヶ月ちょっとの滞在ですが、その間すばらしい光景で
楽しませてくれます。
a0039245_158777.jpg
a0039245_1592180.jpg
ハクガン

この冬はまだシジュウカラガンの数は少ないのですが、
昨冬は2,000羽を超えていますので、来年はきっと
もっとたくさんのシジュウカラガンに会えるものと思われます。
a0039245_225592.jpg
シジュウカラガン



by KX2_Birder | 2016-12-15 22:00 | 2016年の鳥たち | Comments(0)  

<< 一面真っ白な中ハクガンを探す 雪降るなかのハクガン >>