オオハム、シロエリオオハム、アビの比較

先日、アビをじっくり撮る機会に恵まれましたので
せっかくですからシロエリオオハムとオオハムの
比較だけでなく、アビ類の比較としてあらためて
まとめることにます。

まずは頭部の比較
クチバシの長さは、アビとシロエリオオハムはほぼ同じで
オオハムが少し長くなります。
太さはほぼ同じですが、オオハムのクチバシが長いため
少し細長く見えます。
a0039245_235647.jpg


アビのクチバシは上に反って見えますが、
目とクチバシの先端を線で結ぶと、シロエリオオハムと
オオハムに比べて上部がまっすぐなため反っている
ように見えることがわかります。鼻の穴もこの線よりも
下に位置します。
a0039245_23142515.jpg


次に識別点に使われる浮かんだときの腰の白い部分ですが、
オオハムは水に浮かんだときに腰に白い部分が見えますが、
シロエリオオハムの場合は、腰の白い部分がほとんど見えません。
アビは背中一面に白い小さな斑があるので識別は難しくありません。
a0039245_23242353.jpg


この腰の白い部分は、羽ばたいたときにその理由が
よくわかります。
アビ、シロエリオオハム、オオハムの羽ばたき画像を
並べてみますが、オオハムはわきの下で白い部分が
背中側に入り込んでいることがわかります。
この部分が水に浮いたときに白く見える部分です。
a0039245_234442100.jpg




by KX2_Birder | 2017-01-09 21:00 | 鳥・撮り・トリビア | Comments(0)  

<< コクガンむしゃむしゃ シジュウカラガンとハクガンのコラボ >>