シメのクチバシ

この土日は、日本海側は荒れた天気で
かなりの雪が降りました。
こちらも、ときどきおさまることがあっても
かなりの時間雪が降り続き、とても鳥撮りなんて
状況ではない天気でした。

雪がやんだつかの間、シメが枝に止まってくれました。

ところでシメは、夏羽と冬羽で羽色に大きな変化は
ありませんが、クチバシは夏羽になると青灰色に変わります。
クチバシは生え変わらないだろうから、どうやって色が
変わるんだろうと思いましたが、どうやらピンクの表皮が
はげて下から青灰色のクチバシが出てくるようです。

クチバシのはげかけたシメを見たことはないのですが、
ポロッとはげ落ちるのでしょうか?
それとも擦れて少しづつ色が変わっていくんでしょうか?
不思議ですね~
a0039245_1968.jpg
シメ
D500:AF-S Nikkor ED500mm F4DⅡ



by KX2_Birder | 2017-02-12 22:00 | 野鳥全般(野山) | Comments(0)  

<< 越冬ハクガン あと3ヶ月 >>