ソデグロヅルのいる湿原

ソデグロヅルの飛来している湿原のある御所湖は、自然の湖ではなくて
雫石川をダムでせき止めて造られた人造湖です。
1981年に完成した御所ダムは、かんがい、発電、上水道等の多目的ダムとして
利用されているほか、御所湖周辺にはさまざまなレジャー施設が作られています。

a0039245_2248195.jpg


実は、この時期はダムの放水量を減らし、御所湖は満水になっている
時期なのだそうです。
そうなるともちろんソデグロヅルのいる湿原も水没してしまっていたわけですが、
地元のYさんの働きかけのおかげで、当面は現状の水位を維持してくれることに
なったそうです。

a0039245_23333279.jpg
ソデグロヅル
Nikon D70:AF-S Nikkor ED500mm F4DⅡ

by KX2_birder | 2005-11-16 21:00 | ソデグロヅル | Comments(2)  

Commented at 2005-11-18 00:02
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by KX2_birder at 2005-11-18 07:47
先日も関東からクルマで見に来てた人もいましたよ!
ただ、現地も朝にはうっすらと雪が降ることもあるようです。

記事にも書きましたが、ダムの水が増えれば、水没してしまう
湿原であり、雪が積もって餌が採れなくなれば移動してしまう
可能性が高ので、非常に微妙な時期であることは間違いない
ですね!

<< 夏のオシドリ ついに雪マーク >>