八郎潟のガン

アメリカズグロカモメのついでに八郎潟に寄ってみました。
特別な目的を持たなくても何かに会えるということは、それだけ鳥層が
豊かだってことなんでしょうね。

今回は、たくさんのガンに出会うことができました。

a0039245_535679.jpg

a0039245_581135.jpg



とにかく数が多くて、数える気など起きようはずもありません(^^;

a0039245_4502060.jpg

a0039245_51273.jpg

a0039245_572911.jpg



先日は、伊豆沼のガンを紹介しましたが、秋田にも浅内沼、小友沼とガンの
飛来する沼がいくつかあります。
八郎潟の広大な田んぼは、沼に飛来したガンたちの恰好の餌場になっているようです。

a0039245_5134841.jpg

a0039245_5144389.jpg



大多数がマガンでしたが、オオヒシクイもかなりな数で混じっていました。

a0039245_516284.jpg
Nikon D70:AF-S Nikkor ED500mm F4DⅡ

by KX2_birder | 2005-11-27 21:00 | ガン・カモ | Comments(4)  

Commented by rairaj5 at 2005-11-28 20:42
すごい数のガンですね~~。みんな風の方向を向いて、雄大ですね。
大きな田圃なのでしょうね・・見てみたいものです。
脚のオレンジが目立ちますね♪
Commented by MSKD019 at 2005-11-28 21:27
ハ〇ガンもこの中に混じってたりするんですか?
昨冬…出張がてらに八郎へ行った友人が、30000万羽のガンの群れに混じっているとか言ってました!
Commented by KX2_birder at 2005-11-28 21:54
rairai5さん、
みんな風の方向を向いてるんですかね?
風がなかったので良くわからないです(^^;

MSKD019さん、
今年は、まだ珍しいのが入っているという情報はありませんね~
画像をチェックした限りではマガンとヒシクイのみでした。
30000万羽って言ったら、3億ですよ!(笑
Commented by KX2_Birder at 2005-12-01 14:21
MSKD019さん、
ハクガンはいませんが、シジュウカラガンは混じってたかもしれません。
同じ時期にこちらの沼で確認されています。

<< コクマルガラス 今日もアメリカズグロカモメ >>