オオソリハシシギ

八郎潟・船越水道の河口付近の中洲にオオソリハシシギが3羽入ってました。

淡水性のシギチはけっこう増えてきているようですが、
海岸ではまだシギチを確認できていないので喜んで撮影(^-^)v

a0039245_342645.jpg
a0039245_3192051.jpg
a0039245_3201516.jpg
a0039245_3214179.jpg


今回のオオソリハシシギにはちょっと気になるところが2点
ひとつは、下の画像を見てもらってわかるように重なってる2羽のうち前方にいる個体が
あきらかに嘴が短いですね。遠近法から考えてもかなり違いがあります。
また、額の形も違うように見えますね!
個体差でこれだけ違いが出るんですね~

a0039245_4114138.jpg


もうひとつは、飛翔時の背面のパターンです。
遠かったのでトリミングしてありますが、ちょっと見づらいですね。
一羽だけ上尾筒から背中近くまで白い個体がいるのがわかりますか!?
もしかして亜種Lapponica?それともmenzbieri? (笑

a0039245_4171112.jpg

by KX2_Birder | 2006-04-26 22:00 | コシジロオオソリハシシギ | Comments(17)  

Commented at 2006-04-27 21:23
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by shorebirds-waders at 2006-04-27 22:37
三枚目の写真は興味深いですね!基亜種lapponica の可能性が高いのではないでしょうか。
文献をみると大きさもおしゃられるように lapponica の方が小さいです。
Commented by KX2_Birder at 2006-04-27 23:07
鍵さん、shorebirdswadersさん、ありがとうございます。
亜種レベルだと、なかなか判断は難しいですね。

Limosa lapponica lapponicaの画像はちゃんとしたのが見つけられませんでした。
Commented by ミセスサンタナ at 2006-04-28 00:02 x
kx2さん、今晩は♪
素晴らしい観察眼ですね。
3枚目はやはり亜種 lapponicaなのかしら。
今年は、まだシギチにはあっていないので、このGWはシギチに
会いに行こうかな。。
Commented by GreenFinch at 2006-04-28 00:25
オーソリみ~よ♪
シギチシーズン到来ですね。わたしもシギチの勉強しなきゃ・・・
Commented by p-days_pero at 2006-04-28 00:48
こちらもオオソリ沢山入ってきてます~
変わったのが居ないかチェックしないといけませんね。。。
Commented by KX2_Birder at 2006-04-28 01:49
ミセスサンタナさん、
これからの季節は、シギチも楽しいですよ。
是非、シギチに会いにでかけてみてくださいな!
Commented by KX2_Birder at 2006-04-28 02:01
GreenFinchさん、
シギチは奥が深いので、見れば見るほど楽しくなりますよ!
Commented by KX2_Birder at 2006-04-28 02:03
Peroさん、
オオソリたくさん入ってますか!
いつもシギチのうらやましい情報満載ですからね!うらやましすぎます!
Commented by KX2_Birder at 2006-04-28 02:05
ん?shorebirdswadersさん、ミセスサンタナさん、
3枚目じゃなくて4枚目ですよね!
Commented by shorebirds-waders at 2006-04-28 08:21
そうですね、ごめんなさい。4枚目もそうですが、やはり5枚目の腰が白いというのが、基亜種lapponica の大きな特徴ですので、興味深いですね。
Commented by KX2_Birder at 2006-04-28 08:46
shorebirrds-wadersさん、
個体差や年齢で腰が白く見えるのもいますので、この飛翔画像だけでは
断定できませんが、かなり白いので可能性は高いですよね!
まだいるかなあ~?
Commented by shorebirds-waders at 2006-04-28 09:06
年齢で、例えば若い個体この個体の場合第一回夏羽か成鳥夏羽となると思いますが、それによって腰が白くなるとは私の知る限りないのでは
とおもいます。
個体差で白くなるとなると亜種の識別はもう困難になりますね。腰の白さなど中間の menzbieri もいますし、より複雑にしていますね。汗

baueri でもこんな白い個体がいるとなるとそれはそれで貴重な資料となると思います。いずれにせよ興味深いですね!

まだいるようでしたら、ドアップで腰の白さを撮ってみてください!笑
大きさの違いも!
Commented by KX2_Birder at 2006-04-28 09:49
shorebirds-wadersさん、
ニュージーランドのShoreBirdsの調査をしているグループのHPに
baueriとmenzbieriの腰のドアップ画像が載っています。
http://www.nzshorebirds.com/species.html

オオソリハシシギの亜種についての記載がされているのですが、
σ(^-^)の知識と英語力では詳しいところまで読み取れません(T_T)
shorebirds-wadersさんが見て気が付いたことがあったら教えて
ください!、、、って都合よすぎ?(笑
Commented by shorebirds-waders at 2006-04-28 23:22
一回長々と書いたのですが、操作誤って途中で消えてしまいました。泣
再度頑張って書きます。
ここで少し整理したいと思います。
まず通常オオソリハシシギは2亜種に分けられ、学者によったら3亜種に分けられるようです。

L.baueri 日本に主に渡来している亜種  背はダーク 
       アラスカで繁殖しニュージーランド、東オーストラリアで越冬
L.lapponica  背は白い スカンジナビアで繁殖し ヨーロッパで越冬
L.menzbieri この亜種が学者によったら追加される亜種 背は上記の亜種の中間 lapponica に近く背は白っぽい。東シベリアで繁殖し、北西オーストラリアで越冬

でこのサイトをみるともう一亜種増えています、(私ははじめてみました)
L.taymyrensis 中央シベリアで繁殖し西アフリカで越冬する。

Commented by shorebirds-waders at 2006-04-28 23:23
でこの個体ですが分布から考えるとmenzbieriの可能性のほうが高いと思います。L.lapponicaは分布から考えると距離が離れすぎかなと
思います。

でこのサイトに書いてある baueri  とmenzbieri の違いは menzbieriは嘴がより細くて長いそして翼がより短い。しかしもっとも明らかな違いは下背と腰。menzbieri は背は白っぽい、少しダークな羽がある。baueriは背はダーク 腰、上尾筒は縞模様がある。背の白さの違いがポイントみたいです。

この個体は私はmenzbieri の可能性が高いと思います。

日本鳥類目録改定6版よるとmenzbieri の記録があるようで宮古島、石垣島で記録があるようです。和名はコシジロオオソリハシシギ となっていました。

こんな研究しているさいとがあるのなら
この画像を少しトリミングして背が白い画像をこのサイトにメールで送ってみたら如何でしょうか?面白い返事が返ってくるかも!!
Commented by KX2_Birder at 2006-04-29 04:14
shorebirds-wadersさん、
いろいろと教えていただきありがとうござます。
分布から見ると、L.lapponicaに比べるとL.menzbieriの方が
ずっと確認される確率が高そうですね。
一度、このサイトに連絡してみますね(^^

<< まっくろノビタキ セイタカシギ(飛びモノ編) >>