キアシシギたくさん!

海岸にキアシシギがたくさんいました。
2つの群れに分かれていて、合わせると200羽以上はいたと思います。
普段見慣れたキアシシギも、これだけ多いとちょっと不気味です(^^;

a0039245_1555112.jpg
a0039245_1564699.jpg
a0039245_1573711.jpg
キアシシギ
D200:AF-S Nikkor ED500mm F4DⅡ

by KX2_Birder | 2007-05-16 22:00 | シギチ | Comments(12)  

Commented by サンタナ at 2007-05-17 05:48 x
KX2_Birderさん おはようございます!!
キアシシギが海辺に沢山入っていますね。。
これだけの数だと飛んだ時は圧巻でしょうね。。
Commented by captain_spoc at 2007-05-17 08:00
スポック艦長と申します<m(__)m>
尼崎に住んでいますので砂地の海岸線がありません
偶然同じ日にアップしておりましたがテトラポットの上に一羽だけでおりました
これだけ沢山で群れておればさぞや壮観でしょう
Commented by ハナリン at 2007-05-17 08:43 x
すごい数のキアシシギですね。
ただただびっくりです。
体力つけて、また元気に旅を続けて欲しいですね♪
Commented by KX2_Birder at 2007-05-17 09:48
サンタナさん、おはようございます!!
> これだけの数だと飛んだ時は圧巻でしょうね。。

キアシシギは、飛んだときも背面に色が出ないので、
飛んだ時は地味なんです。
ねずみ色の鳥の群になっちゃいます(^^;
Commented by KX2_Birder at 2007-05-17 09:52
スポック艦長、はじめまして!
バルカン星人とお知り合いになれるなんて光栄です!(笑
> 尼崎に住んでいますので砂地の海岸線がありません

そちらも、ちょっと足を伸ばせばシギチのスポットは
けっこうあるみたいですね!

> これだけ沢山で群れておればさぞや壮観でしょう

キアシシギは、けっこう長く滞在します。
秋も遅くまで残るのは、メダイチドリとキアシシギです。
なじみの深いシギなんですよ!
Commented by KX2_Birder at 2007-05-17 09:53
ハナリンさん、
> すごい数のキアシシギですね。

50羽くらいの群は、何度か見ましたが
今回は、かなり多かったです。
Commented by asitano_kaze at 2007-05-17 18:29
これほどの大群のキアシシギは見たことがありません。
不気味だなんてそんな贅沢な。
しかしこの鳥さん、いつでも餌を漁っています。
もう少しゆったりと過ごすわけにはいかないものでしょうか。
Commented by KX2_Birder at 2007-05-17 18:56
asitano_kazeさん、
> これほどの大群のキアシシギは見たことがありません。
> 不気味だなんてそんな贅沢な。

たくさんのシギチが飛ぶ姿は綺麗なんですが、
他のシギのように腰や羽に白い線なんかがでなくて
一色なので味気ないんですよ~(^^;

> しかしこの鳥さん、いつでも餌を漁っています。
> もう少しゆったりと過ごすわけにはいかないものでしょうか。

鳥って、けっこうエネルギーの消費が大きいらしいです。
しかも体を軽くするためにエネルギーの蓄積もしてないので
しょっちゅう食べなきゃならないんですね。
Commented by feigao at 2007-05-17 19:10
你好! KX2_Birder!!
これだけキアシシギがいると私ならビックリ!です(笑)
この間、田んぼを見て回ったのですが、シギチがさっぱりでした。
どうしちゃったのでしょう?
Commented by KX2_Birder at 2007-05-17 19:18
ニイハオ fei!
> この間、田んぼを見て回ったのですが、シギチがさっぱりでした。
> どうしちゃったのでしょう?

血走った目で、殺気だって、「鳥!鳥!鳥!」って
探してたんじゃないですか!?
鳥も敏感に感じ取って、どこかに退避したのかも!(爆
Commented by rairaj6 at 2007-05-17 23:09
200羽はすごいですね。鳴き声もすごかったでしょう?
何故か キアシシギの鳴き声は わかります♪
Commented by KX2_Birder at 2007-05-17 23:12
rairaj6さん、
キアシシギの声は、わかりやすいですよね!
海岸に降りてシギチの声が聞こえるとホッとします(笑

<< 近所の河原のひとコマ チュシャクシギ >>