コクガンたくさん

青森市と太平洋側のコクガンの群に連続で会ってきました。

青森市では数は減っていましたが、あいわらずすぐ間近で
海岸の海草を食べていました。

海岸にべったり座って写真を撮っていると、地元の漁師の方が
海苔を採りながら話しかけてきてくれました。
このポイントにコクガンが来るようになったのは、ここ数年のことだ
そうです。コクガンが来てから海苔が採れなくなったと嘆きながらも
コクガンを邪魔者扱いせず、一緒に暮らしているというそんな雰囲気を
感じさせてくれるような暖かさがありました。

a0039245_35422.jpg


太平洋側のコクガンは、距離は近くありませんでしたが
200羽近くもいて飛翔の群も壮観でした。
一羽一羽のコクガンも魅力的ですが、こういう群に会えるのは
幸せな環境に住んでいるとつくづく思います。

a0039245_3571153.jpg
a0039245_3582938.jpg
a0039245_359720.jpg
コクガン
D200:AF-S Nikkor ED500mm F4DⅡ

by KX2_Birder | 2008-03-03 23:00 | ガン・カモ | Comments(16)  

Commented by lulu at 2008-03-04 14:08 x
首の模様が、なんて素敵なんでしょう!
いやー、鳥って無限大に居そうですね。
こんな鳥も居たんだと良い意味で衝撃的でした。
Commented by KX2_Birder at 2008-03-04 17:05
luluさん、
> 首の模様が、なんて素敵なんでしょう!

白い首輪と白いお尻がチャームポイントです!

> いやー、鳥って無限大に居そうですね。
> こんな鳥も居たんだと良い意味で衝撃的でした。

それは、ことらのセリフですって!
luluさんのブログを見ると、ほんと鳥の種類って無限に
あるんじゃないかと思ってしまいます。
Commented by itoyotomiyohariyo at 2008-03-04 21:16
1枚目の写真、ダイナミックですごくいいですね!

しかし、ホントに不思議な首の模様ですね~。ケガをしたときにガーゼを押さえるネットのようです。

ところで、下の投稿にあったハクガンですが、この冬の北海道は、例年よりかなり雪が多く残っているので、しばらくそちらにいるのでは? でも、ここ数日で、こちらも急に春めいてきましたので、気変わりするかもしれません。
Commented by KX2_Birder at 2008-03-04 22:07
itoyotomiyohariyoさん、
> この冬の北海道は、例年よりかなり雪が多く残っているので、

そうですか!
ちょっと期待しちゃいます!!(^^)v
Commented by feigao at 2008-03-04 22:37
你好! KX2_Birder!!
地元の漁師の方の温かさにホロリ・・・です。
私もそういう余裕を持ちたいと思います。

そうそう。コクガンの群れ、圧巻です(笑)
Commented by KX2_Birder at 2008-03-04 22:43
ニイハオ fei!
> そうそう。コクガンの群れ、圧巻です(笑)

そうそうって何よ!そうそうって!(笑
Commented by サンタナ at 2008-03-04 23:17 x
KX2_Birderさん こんばんは!!
コクガン。。白い首輪が素敵ですよね。
海の色から一枚目は日本海という感じですね(私の思い込みから。。)
三枚目の太平洋側の写真が好きですね~~♪
心が洗われるような写真です(無理か私の心は洗っても・・)
Commented by KX2_Birder at 2008-03-04 23:23
サンタナさん、
超お久しぶりのような、、、(笑
1枚目は、日本海でも太平洋でもない中間海です!(笑
Commented by rairaj6 at 2008-03-06 00:32
いいなぁ~~ コクガンとか見たことない・・・
山ほどいるのですね・・・・海とコクガン 羨ましい画像です。
Commented by KX2_Birder at 2008-03-06 01:05
rairaj6さん、
> 山ほどいるのですね・・・・海とコクガン 

海鳥なのに山ほどとは、これいかに!(爆
Commented by アナホリフクロウ at 2008-03-06 01:14 x
> コクガンが来てから海苔が採れなくなったと嘆きながらも
コクガンを邪魔者扱いせず

その漁師さんは、「自然の恵みは、人だけのものにあらず」という事を、
理解されているようですね。

第一次産業と野鳥の共存は、中々難しいですね。

第一次産業従事者が、野鳥を眼の敵にしている事例は、
あちこちで見聞きしますが、その中から・・・

以前、休耕田で休息・採餌していた、マガンの群れを撮影中、
地元農家の人が、爆竹をぶっ放し、約1000羽近くいたマガンが、
逃げてしまった事があります
(折角、20m位の所で撮れていたのに → 滅多にないチャンスだった)

2番穂とか、下草を啄ばんでいただけで、食害がある訳でもないのに、
なぜ、追い払うのか理解できませんでした
(鳥獣保護法で、何とかならないものかと思ったほどです)

野鳥は、最低限、命を繋いでいける分しか食べないのに、
人間は、利益を得る為に、根こそぎ採ろうとする事から、
摩擦が起きるのでしょうね。
Commented by KX2_Birder at 2008-03-06 01:27
アナホリフクロウさん、
> 第一次産業と野鳥の共存は、中々難しいですね。

そうですね~、
でも野鳥が害虫を食べる効果もそうとうあるんですけどね~
Commented by アナホリフクロウ at 2008-03-06 23:25 x
スズメやツバメがいないと、米の収穫量は、減ってしまうでしょうね。
(虫を食べてくれる効果は、少なくないと思います)

また、伝染病を媒介する、蚊も食べるでしょうし。

何よりも、スズメやツバメ(他の鳥も)がいない場所に住んでいても、
味気ないですしね。
Commented by KX2_Birder at 2008-03-07 03:02
アナホリフクロウさん、
> 何よりも、スズメやツバメ(他の鳥も)がいない場所に住んでいても、
> 味気ないですしね。

鳥撮りをしていなかったら、こんなにたくさんの鳥たちが
身近にいることも気づかなかったでしょうね。
Commented by 森(チ) at 2009-03-19 20:24 x
いい瞬間の、しゃしんですね‘‘ 勉強になります。
Commented by KX2_Birder at 2009-03-19 21:34
ん?
どの写真のことかな?

<< そろそろ花粉が、、、 お帰りハクガン >>