タンチョウは元気でした!

2週間近く姿を見せなかったタンチョウの幼鳥ですが、
数日前から同じところに戻ってきました!

元気に餌を採ってましたよ!

それにしても見てる間だけで数十匹のアメリカザリガニを
採ってました。食べる量にもビックリですが、田んぼ一枚に
そんなにアメリカザリガニがいることにもビックリです!(@@)

やはり餌が豊富なところに戻ってきたんでしょうね!

a0039245_21573451.jpg
a0039245_7493720.jpg
タンチョウ
D2X:AF-S Nikkor ED300mm F4D;AF-S Nikkor ED500mm F4DⅡ

by KX2_Birder | 2008-06-22 22:00 | タンチョウ | Comments(24)  

Commented by wami at 2008-06-22 22:15 x
タンチョウ、元気で何よりです(^O^)


暑くて過ごしにくい日は、どこかへ隠れてるんでしょうか?

タンチョウは、汗腺がないので(鳥類はすべてなのかな?)、
暑いとハアハアするし、イライラするそうですね。


ザリガニ万歳。
お米を食べたくなるような、豊かな土壌の、よい田んぼ(^^)
Commented by itoyotomiyohariyo at 2008-06-22 22:41
夏場でも十数度しか上がらない釧路地方で生活しているタンチョウが、本州の暑さを乗り切れるのかどうか心配ですが、まずは無事が確認されて安心しました。

しかし、どこにいってたんでしょうねぇ? こんな大きなカラダをどこかに隠すってのはなかなか難しいと思うのですが…。
Commented by ちょんぱぱ at 2008-06-22 22:51 x
タンチョウ、元気なようで何よりです。(^^)

しかし、こちらでは単独行動のタンチョウは少ないのですが、一羽で寂しくないのか心配になってしまいます。

アメリカザリガニやウチダザリガニはいくら食べても構わないけれど、ニホンザリガニは食べないでね。(^^;
Commented by KX2_Birder at 2008-06-23 00:26
wamiさん、
タンチョウは元気に戻ってきましたよ!
また美しい姿を撮影してあげてくださいね!
Commented by KX2_Birder at 2008-06-23 00:30
itoyotomiyohariyoさん、
今日は6月にしては珍しく、最高気温30度でした。
考えてみるとタンチョウには、こちらの気温は暑すぎるかも知れませんね。

でも、見ている限りはそんな感じは全然なく、せっせと
田んぼの畦にクチバシを突っ込んでザリガニを食ってました。
Commented by KX2_Birder at 2008-06-23 00:31
ちょんぱぱさん、
寂しいのはしかたないですね(^^;
それを覚悟で一人旅してきたんでしょうかから、、、

こちらの田んぼにはニホンザリガニはいないので大丈夫ですよ!
Commented by アナホリフクロウ at 2008-06-23 00:53 x
ご無沙汰です。 こちらでも、大型の水鳥が迷行して来ています。

この時期は、大気の状態が不安定になるのか、
アジサシ類(ハジロクロハラアジサシなど)も、迷い込んできますね。 

水鳥が迷い込んでいるものの、水田の水を抜いてしまう為、
(昔と違って、稲の生育方法が変わったのですね
  → 20年位前は、今の時期も、水が張られていたはず)
餌獲りに苦労しています(オタマジャクシや、ドジョウが主食です)

アメリカザリガニが居るという事は、相応の水があるという事ですね。
(そういえば、ザリガニもそうだけど、トノサマガエルも見ていないなあ)
Commented by KX2_Birder at 2008-06-23 00:59
おっ!アナホリフクロウさんのところも
けっこう被写体に困りませんよね!

昔のように並々と水は張っていないようですが、それでもけっこう水はありますよ!

それよりも転作が進んで、使わない田んぼは別の作物が植えられて
水はり休耕田が少なくなってしまいました。
秋のシギチが、、、探しづらいです。。。
Commented by fpbird at 2008-06-23 01:42 x
上野動物園にもタンチョウがいます
昨年は不忍池に放し飼いでヒナを育てていました
都心の暑さをどうやって過ごしているんでしょうか???
上野で何もしないで過ごしているのならば、
この子も越夏できるのでは?
Commented by KX2_Birder at 2008-06-23 02:06
fpbirdさん、
そうですね!そう言われればこちらの動物園にもタンチョウがいます!

元気に夏を過ごして、、、う~ん、、、それからどうなるんだろう?
電話もないしネットもないし、、、友人呼び寄せるにしても連絡手段が、、、
Commented by rairaj6 at 2008-06-23 22:55
わ!良かったですね。いろいろ行ってみたけどここが良いな~と帰って来たのでしょう。 KX2_Birderさんがいるから~♪と帰って来た・・・とは・・イ エ ナ イ ね!
Commented by KX2_Birder at 2008-06-23 23:32
rairajさん、
やはり餌の豊富さでしょうね!
一日一枚の田んぼを食べつくしても何年分もありますからね!
Commented by wami at 2008-06-24 00:37 x
「ザリガニだば、(田にとって)害だがら、
どんどん食べでければいーなァ」
…と、農作業途中の方がおっしゃっていました。


今の時期はともかく、もしここで越冬するとなると、
冬の間は餌になるものが激減するでしょうから、
そうなったら、この、人慣れしてしまったタンチョウは、
民家を荒らしたりしちゃうのかな…?

…なんて、不安になってきた(>_<)
Commented by KX2_Birder at 2008-06-24 00:58
wamiさん、
ザリガニって田んぼにとって害になるんですか!?
初耳!!と思って調べてみたら、畦を壊すんですね!

> 民家を荒らしたりしちゃうのかな…?

民家を荒らすって、、、もしかして民家に押し入って食べ物を
つつきまわすとか?(@@)

Commented by wami at 2008-06-24 08:38 x
どんな内容かは詳しくわからないのですが、
北海道では、人に慣れた野生のタンチョウが民家へ被害をもたらした
…ということが、実際起こっているそうです。

特にこの子は、親から独り立ちさせられたばかりで、淋しくて、
人に慣れやすいだろう…と、

阿寒のツルセンターの方から伺いました。

こんなかわいい子が、害鳥として退けられるかもしれなんて、
つらいっ。…と、危惧してしまいました。

「ツル、(田んぼにとって)害鳥ではねぇがら、いいもんだな」
と、笑顔でおっしゃられた農作業中の方の言葉、
染みました。。。


Commented by KX2_Birder at 2008-06-24 12:42
wamiさん、
> 「ツル、(田んぼにとって)害鳥ではねぇがら、いいもんだな」
> と、笑顔でおっしゃられた農作業中の方の言葉、
> 染みました。。。

そうですね~
このまま秋田に居ついて欲しい反面
北海道に帰らなければ、仲間にも会えず一人ぼっちで
寂しいまま、生涯を終えることになってしまうことを
考えると複雑な心境です。

ツルの飛翔速度は、60kmくらいでしょうから、
道東まで(約500km)は、8時間ちょっとで
行ける計算になります。

一旦道東に帰って、伴侶を連れて戻ってきてくれれば
最高なんですけどね!!
Commented by アナホリフクロウ at 2008-06-24 12:43 x
農業被害の事じゃないでしょうか?

昔は、野生生物と人間の生活圏の住み分けが、はっきりしていたと、されていますが…
Commented by wami at 2008-06-24 13:11 x
道東まで8時間ちょっとか~。
おおきな翼でひとっ飛びして、伴侶を連れて戻ってきてほしいです。

農業被害はもちろん、
なんか、人家の庭に入り込んで、荒らしちゃうってことが
あったそうです…(>_<)

野生の生き物たちの生活圏を、人間が奪って、
住み分け領域を侵してしまったんですよね。

先月(かな?)は、大潟村に、ムラサギサギが飛来していたようですし、
アナホリフクロウさんがおっしゃるように、
大きな地域の規模で、大気の状態が不安定になっているのを、
すごく感じます。




Commented by KX2_Birder at 2008-06-24 17:20
アナホリフクロウさん、
> 農業被害の事じゃないでしょうか?

保護した結果、増えすぎて逆に近隣の農作物に被害が
出るという話は、別の動物では良くある話しですね。
鳥の世界まで及んでいるとは勉強不足でした。
Commented by KX2_Birder at 2008-06-24 17:22
wamiさん、
> 農業被害はもちろん、
> なんか、人家の庭に入り込んで、荒らしちゃうってことが
> あったそうです…(>_<)

あら~
それだと地元の人たちには、手放しで
歓迎されているわけではないんでしょうね。
Commented by feigao at 2008-06-24 21:32
你好! KX2_Birder!!
戻ってきましたか、タンチョウのお子ちゃまが!(←違)
やっぱりKX2_Birderさんの庭でまったりしていたのですね(爆)
タンチョウとの交渉結果、こちらには来てくれないということでしたので、
是非温かく見守ってあげてください(^-^)
Commented by KX2_Birder at 2008-06-24 21:43
ニイハオ fei!
いったいどこに行ってたんでしょうね~?

一説には、ふるさとに帰って彼女を連れて来ようとしたらしいのですが、
私、そんな田舎いやよ!行きたいなら一人で行けば!と
断られて一人で帰って来たという噂もあるような、無いような、、、
Commented by アナホリフクロウ at 2008-06-25 01:20 x
昼間は、携帯からの書き込みでしたので、中途半端になりましたが、
体が大きくなるほど、広い生活圏(餌獲り、子育て)が必要になる分、
全体の数が減ってしまうか(トキ・コウノトリ・イヌワシなど)、、
人間の生活圏に進出するか(ツキノワグマやニホンザル)になるのでしょう。

微妙なバランスの元に成り立っていた、野生生物との共存関係も、
徐々に、崩れてきているのでしょうね
(この点では、ヨーロッパの方が、勝りますね 
  → 民家の屋根に、コウノトリが巣を作ったりとか)

庭に入ったという事は、池の魚でも食べていたんでしょうか?
(いくら幼鳥と言えども、体は大きいですから、相当、広い庭でないと)
Commented by KX2_Birder at 2008-06-25 01:34
アナホリフクロウさん、
> いくら幼鳥と言えども、体は大きいですから、相当、広い庭でないと

そうですねぇ~
あの体で庭に入ってきたら怖いかもしれませんね~

バランスをくずしてるのは人間ですからね~
動物を責めるわけにはいきませんよね!

<< コチドリ・ポートレート まったり >>