稲の間から

稲の間からチラリと見える白い頭、、、

え?、、、

え"~~~~~!

なんじゃこりゃ?

a0039245_013047.jpg


一つかと思ったら二つ、、、
ダイサギか何かの頭かと思ったら???

a0039245_03742.jpg


オオハクチョウでした。
水辺からかなり離れた山あいの田んぼですから
餌を求めて移動してきたんでしょうね。

おそらくペアのどちらかが羽を怪我して渡りができなくなったので
2羽で夏を越すことにしたんではないでしょうか。

まだまだ暑い日が続くけど頑張るんだよ!
もうちょっと待てば、米が食い放題ですから!(笑

by KX2_Birder | 2008-08-11 22:00 | 野鳥全般(水辺) | Comments(4)  

Commented by fpbird at 2008-08-12 00:34 x
タンチョウといい、オオハクチョウといい、この鳥たちを越夏させるこの地は豊かな地なんですね^^
大地も空気も人の心も豊かなんでしょう^^
Commented by KX2_Birder at 2008-08-12 01:19
fpbirdさん、
> この鳥たちを越夏させるこの地は豊かな地なんですね^^
> 大地も空気も人の心も豊かなんでしょう^^

うまい!
山田く~ん!座布団一枚!
Commented by FLAT-6 at 2008-08-12 22:51 x
こりゃ驚きますね!羽の色はオオハクチョウの夏羽でしょうか!?

こちらの琵琶湖ではキンクロとかホシハジロとか越夏ガモがいるらしいですが・・・

さすがにハクチョウはいないようです。

こちらの暑さでは命が危険かもしれません。今日も36℃でした。
Commented by KX2_Birder at 2008-08-13 09:41
FLAT-6さん、
> 羽の色はオオハクチョウの夏羽でしょうか!?

いやいや汚れただけですよ!(^^;

こちらでも、ホオジロガモ、キンクロハジロ、オナガガモなど
怪我した冬鳥たちが夏を越しています。

<< ツルシギ そろそろシギチ、、、のハズです... >>