ハクガンはいずこへ

23日、24日と滞在して、すぐにハクガンたちは移動したようです。
南下したのでしょうか?
昨年も同じ時期に一旦新潟に南下して、12月に戻ってきました。

ことしも12月に戻ってきてくれることを期待して、しばしのお別れです。

a0039245_4282218.jpg
a0039245_4302318.jpg
ハクガン
D300:AF-S Nikkor ED500mm F4DⅡ

by KX2_Birder | 2008-11-29 23:00 | ハクガン | Comments(18)  

Commented by itoyotomiyohariyo at 2008-11-30 09:32
あら、ずいぶん早い旅立ちですね。思いのほか寒かったのか、この場所のエサが少なかったのか…。ちょっと気になるところです。それにしても、マガンと混じって飛ぶ姿は、白と黒が折り重なるようで本当に美しいですね~。
Commented by KX2_Birder at 2008-11-30 13:15
itoyotomiyohariyoさん、
昨年も同じパターンです。これで12月中旬になぜか帰ってくるのです。

ハクガンたちは、なぜかヒシクイと行動をともにしてます。
マガンの大きな群れもありますが、それには入らず
ヒシクイと一緒にいます。
大きさ的には、マガンに近いと思うのですが、、、
Commented by itoyotomiyohariyo at 2008-11-30 18:25
あ、一緒にいるのはヒシクイでしたね~。見間違えました…。(^^;)
Commented by KX2_Birder at 2008-11-30 19:14
itoyotomiyohariyoさん、
いつもヒシクイたちと一緒にいるのですが、微妙に警戒心の度合いが違います。
どちらかというとヒシクイの方が警戒心が強いですね。

ハクガンにしてみると、まわりのヒシクイはセンサーなのかも!(笑
Commented by アナホリフクロウ at 2008-11-30 22:23 x
本日、見る事が出来ました! 
(ただ、一昨年と同様に、雨が降っていたので、写真はダメダメでした・・・
 → ISO 800 -0.7 絞り開放で、1/100秒を超えないんじゃね・・・)

KX2_Birderさんが書かれたように、警戒心は弱かったです
 → 飛んで逃げる所を、歩いて遠ざかるという、普通では、ありえないパターンでした。

どこで情報を仕入れて来たのか、10人くらいバーダーが来ていましたが、
見つけるのに相当、手こずっていました。

今日は、10時頃と15時頃に確認され、後者の時は、私だけでした。

ピーカンだと、白飛びするから、うす曇が一番理想だけど、来週末も、
雨の予報だし、1~2月まで、待つしかないかなあ・・・
Commented by アナホリフクロウ at 2008-11-30 22:41 x
あと、見ていて思ったのですが、成鳥と思しき個体でも、
嘴の色が、微妙に異なっていました。 年齢による、差なんでしょうか?

条件がよければ、そういう違いにも着目して、撮りたかったな・・・
(ジッツオの、システマテック三脚を持って行くべきだったか)

車中撮影用品は、kirk社から、販売されているアイテムがあるけど、
ゴーヨン用には力不足というか、下手すると、窓が割れるかも・・・

Commented by KX2_Birder at 2008-11-30 23:51
アナホリフクロウさん、
あいにくの天気のようですが見れて良かったですね!
天気ばかりは努力ではどうしようもないですからね。
Commented by KX2_Birder at 2008-12-01 00:52
ゴーヨンを車の窓ガラスに固定するのは勇気がいりますね(^^;
それと固定しない方が機動性が高いでしょうから、固定しなくてもいいのでは?

車で撮っていて一番困るのは、真正面にいるときです。
フロントガラスが無ければ、、、と思うことも良くあります(^^;

ハクガンたちの嘴の色は、画像を確認してみましたが
晴天の光の下でも違いはありませんでしたよ。
Commented by rairaj6 at 2008-12-01 23:11
こんなにたくさんのハクガンですか・・こちらでは1羽のハクガン しかも
九州ではない・・じたばたしても見れません!
そしてタンチョウはとうとう手なずけましたね!
頭も赤くなって愛想よくなりましたね~。
Commented by KX2_Birder at 2008-12-01 23:38
rairaj6さん、
北国には北国の楽しみがありますからね

こちらから見ると、そちらの環境がうらやましいです!
Commented by アナホリフクロウ at 2008-12-02 01:06 x
今日ほど、空模様を恨めしく思った事は、ありませんでした。
(何で、日曜日だけが荒天なのか・・・ → 今日は、三日月・金星・木星が見れましたが)

kirk社のサイトを訪問されたのですね。 
機動性と使い勝手からすると、ゴーヨンを、窓に固定するメリットは薄いですね。 

窓の形状も、車種によって異なりますし(最近のコンパクトカーは、
フロントノーズが流線型で、前窓にフラットな部分が少ない)

何よりも、送料・関税込みで、3万円するのが・・・(GP-1の方が、有益性があるかも)



Commented by KX2_Birder at 2008-12-02 01:12
アナホリフクロウさん、
こちらは、うまい具合に休日に良い天気がぶつかってます(^^)v
青空背景の画像は、色のりが良くて綺麗に撮れるような気になります(笑

ところで、アナホリフクロウさんは、ゴーヨンの三脚座は純正のままですか?
社外品に変更してますか?
Commented by アナホリフクロウ at 2008-12-02 01:18 x
<続き> 今回は、助手席に三脚を立てていた人が、何人か居ました。 
特別、大きい車でもなかったので、システマテック系の脚を使ったのかな・・・

カーマウントアダプタ、三脚にしても、段取りに時間を食うので、
絶対に、飛ばないという核心がないと、リスクが大きすぎますね。

> 車で撮っていて一番困るのは、真正面にいるときです。
> フロントガラスが無ければ、、、と思うことも良くあります(^^;

確かに、このケースはありますね。 あと、斜め前方も・・・

無理に、ポジションを変えようとすると、それに驚いて、逃げられるし・・・
 
> ハクガンたちの嘴の色は、画像を確認してみましたが
> 晴天の光の下でも違いはありませんでしたよ。

そうですか。 また、機会があれば、改めてそこに着目してみようと、思います。

とはいえ、今週末も悪い予報なのが・・・(いい方向に、予報が変わることを期待するか)
Commented by KX2_Birder at 2008-12-02 01:29
アナホリフクロウさん、
そうですね!飛ぶときのことを考えると
できるだけカメラもレンズもフリーにしておきたいです。

斜め前方は、ミラーに乗せて撮ります(笑
Commented by アナホリフクロウ at 2008-12-02 01:35 x
ありゃ、次のを書いている間に、 KX2_Birderさんの書き込みが(笑)

三脚座は、純正と、Really Right StuFF社(略:RRS)の物を持っています。

余談ながら、サンヨンの三脚座は、kirk社製のに、交換しました。
(kirk・RRS共に、アルカスイスの自由雲台と互換性がありますね)

普段は、RRS社製の三脚座ですが、先日、修理に出した際に、
純正に戻しました(メーカーに、余計な誤解を与えるのも、何なので)

ただ、RRS社のは、ネジ穴が2つあるけど、ピッチが狭すぎて、
プレート使用の場合でも、1点止めにしかならないのが・・・

ウィンバリーの三脚座は、低くなるのですが、手持ちが出来ないのが・・・
(kirk社製の、ハンドルをつければ、取っ手の代わりにはなります)

ゴーヨンの三脚座も、kirk社製のに、しておくべきだったかな・・・
Commented by KX2_Birder at 2008-12-02 01:42
アナホリフクロウさん、
純正だと背が高すぎるので、σ(^-^)もそのうち社外品を検討してみます。
Commented by アナホリフクロウ at 2008-12-03 06:27 x
ウインバリーは、国内でも取り扱っている、代理店がありますし、
たまに、ヤフオクに出品されるのを見ます。
(ただし、低くなりすぎるが故の弊害もあります)

RRS社、kirk社は、同社に、直接、オーダーを出す事になります
(kirk社の製品は、B&Hでも取り扱っています)
Commented by KX2_Birder at 2008-12-03 09:28
アナホリフクロウさん、
ありがとうございます。
純正の三脚座は、とてもベストとは言えませんので嬉しい情報です。

<< お山はさびしいけれど、、、 今週のタンチョウ >>