セグロッち

ハクセキレイは、どこに行ってもいるので出会っても嬉しくありませんが、
セグロセキレイは出会うとちょっと嬉しい(笑

とは言っても、近所の河原には年中いるんですけどね(^^;

a0039245_0213328.jpg
a0039245_0175464.jpg
a0039245_0241956.jpg
セグロセキレイ
D300:AF-S Nikkor ED500mm F4DⅡ

by KX2_Birder | 2009-02-08 22:00 | 野鳥全般(水辺) | Comments(10)  

Commented by itoyotomiyohariyo at 2009-02-09 00:34
セグロっちはハクっちに追いやられて、年々生息範囲が狭まっているそうですね…。なんでも1930年ごろまではハクセキレイって北海道にしかいなかったんだそうですね。見た目こんなに似ているのに、なぜハクセキレイがこれほど「強い」のでしょう? まぁ、魚の世界でも、日本固有のニッポンバラタナゴと、中国からやってきたタイリクバラタナゴはよく似ていますが、いまではニッポンバラタナゴの生息地はごく限られた範囲でしかありません。弱い者は滅びるのみ…というのは簡単ですが、日本固有種が消えゆくのは寂しいものです。
Commented by KX2_Birder at 2009-02-09 00:47
itoyotomiyohariyoさん、
ハクセキレイとセグロセキレイは、よく似ていますが
生態は微妙に違うんでしょうね。

セグロセキレイって日本固有種だったんですね。
英名もJapanese Wagtailなんですね。
Commented by kim at 2009-02-09 20:09 x
確かにセグロは見るとちょっと嬉しい鳥ですね~。
数少ない日本固有種なので、その分も手伝っているのでしょう。
白い眉が可愛いです。
Commented by KX2_Birder at 2009-02-09 20:17
kimさん、
> 確かにセグロは見るとちょっと嬉しい鳥ですね~。

そう!ちょっとだけ嬉しい鳥です(笑

ハクセキレイは、あまりにずうずしいところもあって
セグロセキレイに負けてます。σ(^-^)のランキング
Commented by dc_ken at 2009-02-12 03:35 x
うーむ、御地では、セグロッチは、「出会えてうれしい鳥」になりつつあるんですね。

私が、鳥見をはじめた、平成15年ごろ、我が家の周囲はには、セグロセキレイしかいませんでした。(見る目がなかったのかもしれませんが)

我が家から、数キロ東にいくと、たくさんのハクセキレイをみました。

本来、ハクセキレイは、東日本におおく、西日本には、海岸線から内陸に分布と広めていった という 記載をネットでみて、納得したことをおぼえています。

いまでは、我が家の周囲でも 五分五分。ひょっとして、ハク6に対してセグロ4かもしれませんが。

そのうちに「珍鳥 セグロセキレイ」なんて時代にならなければいいのですが……。

Commented by KX2_Birder at 2009-02-12 11:06
dc_kenさん、
> うーむ、御地では、セグロッチは、「出会えてうれしい鳥」になりつつあるんですね。

珍しいわけではありませんが、どこにでもいるハクセキレイに比べると
出会う機会は少ないです。

> いまでは、我が家の周囲でも 五分五分。ひょっとして、
> ハク6に対してセグロ4かもしれませんが。

数年のうちにも変わってきてるんですね。
なんだか最近、どこに言ってもハクセキレイがいます。
田んぼ行っても、海に行ってもハクセキレイだけは
必ず見れます。

キセキレイは、もともと山に多いのでもっと会う機会が少ないですね。
Commented by アナホリフクロウ at 2009-02-13 00:02 x
セグロもハクも、身近な鳥に、なりつつあります。

街中でも、人を恐れずに近づいてくる個体を見ますし、
ツバメのように、建物の中で、営巣するのも居ますので・・・

ハクセキレイの塒入りを、見た事がありますか?
薄暮の時間帯に、街路樹に、沢山のハクセキレイが、
ぶら下がって寝ているのですよ。

D3クラスの、高感度カメラなら、塒入りも撮れるかなあ・・・

ニッポンバラタナゴは、タイリクバラタナゴとの交雑によって、
純血種として、絶滅しつつあると、山渓の図鑑に書かれていました。

安易に、外から持ち込んだ為に、このような結果を招いたと言えますね。
Commented by KX2_Birder at 2009-02-13 00:10
アナホリフクロウさんのところは、セグロもハクもどちらも身近ですか!
言われてみれば、地理的にも合ってるような、、、

しかし、ハクセキレイの生命力は強いですね~
どこに行ってもいます。
Commented by アナホリフクロウ at 2009-02-14 02:50 x
具体的に、統計をとった事はありませんが、ハクセキレイの方が、
街中でも、見る気はしますね(特に、幼鳥や若鳥が多い)

日頃の生活範囲でも、水田・河川と、セキレイが好む場所が多く、
眼にする機会も多いので、身近な鳥と言えます。

以前の勤務先では、工場の中に、セキレイが入って来て
(営巣していたのか)、アルミの形材に、糞がついていて、
それを、水で洗い流す事もありました・・・
Commented by KX2_Birder at 2009-02-14 07:55
アナホリフクロウさん、
ハクセキレイは嫌いな鳥じゃないので、たくさんいることは
悪くないのですが、あまりに多くて逆に撮る気が失せてます(^^;

<< おやシメくん! 水田フル活用へ >>