オオハム

暴風雪の港の3種目はオオハム

アビの仲間は英名でDiverといいます。
潜りの得意な彼らにはピッタリの名前です。

σ(^-^)もアビの仲間を見つけると敬意を表して
ダイバーと呼びます。

a0039245_2212516.jpg


実はこの日、シロエリオオハムも一緒に同じ港で見ることができました。
良く似ているので紛らわしいのですが、特徴が良くわかる個体たちだったので
助かります。
2種の比較は後日ご紹介します。

a0039245_2292249.jpg


海の色を見てかわるとおり、実は暴風雪と言っても
風が強いだけで、港の外は高い波がうねっていましたが、
港の中は比較的おだやかで、時折太陽が顔を覗かせる
絶好の港日和だったのです(^^;

a0039245_2294639.jpg
オオハム
D300:AF-S Nikkor ED500mm F4DⅡ

by KX2_Birder | 2009-02-23 22:00 | 野鳥全般(水辺) | Comments(4)  

Commented by wami at 2009-02-24 17:48 x
男鹿の沖の島を眺めたとき、鵜を見て、
ツノメドリや、エトピリカじゃないだろうか…!?
と、毎度興奮してます。

オオハムかわいいです(^^)

Commented by KX2_Birder at 2009-02-24 18:56
wamiさん、
> ツノメドリや、エトピリカじゃないだろうか…!? と、
> 毎度興奮してます。

おぉ!
そうなったらスゴイですね!
いつか地元の男鹿の海で見たいものですね。

> オオハムかわいいです(^^)

夏羽だと頭がもっとツルンとしてかわいいんですよ!
Commented by wami at 2009-02-24 20:22 x
今週末も秋田は晴れではなさそうですが、
こんな鳥達が見られるなら、億劫ではなく、楽しみです(^^)v
Commented by KX2_Birder at 2009-02-24 21:15
wamiさん、
そうそう悪天候も楽しんじゃいましょう!

ただ、くれぐれも高波には気をつけて無理はしないでくださいね!

<< シロエリオオハム ハシブトウミガラス >>