2009年4月の鳥たち

4月になると、こちら雪国もさすがに春らしくなります。
ウソやベニマシコのような冬鳥と頭が真っ黒になったノビタキが
一緒に見られたりします。

a0039245_214530.jpg
ウソa0039245_2155912.jpg
ベニマシコa0039245_2171411.jpg
ノビタキ


4月下旬になると真っ黒になったツルシギが見られます。
シギチシーズンの始まりです。

a0039245_2203571.jpg
ツルシギ


3月下旬から姿を見せなかったタンチョウくんですが、
4月に入り40kmも離れたところで、ナベヅル幼鳥と一緒のところが
確認できました。

アオサギやコサギには、あれほど威嚇するのに
ナベヅルとは仲良くならんで餌を食べていました。
同じツルの仲間だということがわかるんでしょうね。

a0039245_2295579.jpg
a0039245_2305145.jpg
タンチョウ


仲良さそうに見える2羽ですが、
この後、タンチョウくんは姿を消してしまいました。

by KX2_Birder | 2009-12-07 22:00 | 2009年の鳥たち | Comments(4)  

Commented by FLAT-6 at 2009-12-09 06:41 x
こうして毎年恒例の1年間の鳥をみていると、
あらためてKX2_Birderさんと東北の凄さに驚きます・・・
それに1年がこんなにはやいのにも驚きますね!(笑
たしか初めてこちらにお邪魔したのが
2007年の冬だったように思います・・・あっという間ですね。
Commented by KX2_Birder at 2009-12-09 07:47
FLAT-6さん、
そうですか、もう2年になるんですね。
確かにこちらも鳥層は厚いですが、皆さんのところを
みてるとうらやましい鳥がたくさんありますよ!
Commented by rairaj6 at 2009-12-15 23:45 x
2羽 並んでいる所がほほえましいですね。
兄弟のようですが 置いてかれちゃうのですね・・・(/_;)
Commented by KX2_Birder at 2009-12-16 00:12
rairaj6さん、
置いていかれたのか、自ら残ったのかは不明
でも、戻って来てくれてうれしいです!

<< 夕暮れのハクガンたち 帰ってきたハクガン >>