また、また、また、おかえりハクガン!

先週の雨で雪が解けると、さっそくハクガンが帰ってきました。
いくつかの群れに分かれていますが、32羽~33羽いるようです。

でも、今年は雪が多そうなので、春まではいてくれないだろうな~

a0039245_23484728.jpg
a0039245_23494273.jpg
ハクガン
D300:AF-S Nikkor ED500mm F4DⅡ

by KX2_Birder | 2010-01-23 22:00 | ハクガン | Comments(8)  

Commented by アナホリフクロウ at 2010-01-24 10:20 x
はぐれた幼鳥1羽以外を除けば、勢ぞろいしているようですね。

もっとも、はぐれた幼鳥はというと、すっかりコハクチョウの群れに、
馴染んでいるようです。

自分よりも大きな、コハクチョウやサカツラガンを、威嚇する事もあります
(コハクチョウに威嚇された、写真を見た事もあります)
Commented by KX2_Birder at 2010-01-24 22:08
アナホリフクロウさん、
群れは、いくつかの家族で構成されてるようです。
小さな5~7羽の群れで行動しているときもあります。

ハクガンたちのいるあたりは、ほとんど雪がなくなりましたので
このまま春までいて欲しいですね!
Commented by アナホリフクロウ at 2010-01-24 23:21 x
少群の方が、警戒が薄れるかもしれませんね。

シジュウカラガンも、新潟では確認されていないようですし、
そちらに居つくのでは、ないでしょうか?

さすがに、もう少し暖かくならないと、新潟には行きたくないですね
(先日、高速を走行中、トンネルを抜けた辺りで、後輪が滑って、
怖い思いをしました
  → 特に、雪も無かったし、速度も70キロほどだったのに)
Commented by KX2_Birder at 2010-01-24 23:39
アナホリフクロウさん、
> 少群の方が、警戒が薄れるかもしれませんね。

逆ですね。
ハクガンたちは、ある程度の数が集まった方が
警戒心が薄くなるようです。
5~7羽の群れだと、車の気配を感じると
ヒシクイよりも先に飛び立つことがあります。
Commented by M.hanada at 2010-01-25 00:10 x
はらはらと降る雪に、Snow Goose!
おまけにヒシクイまで。
九州では夢のまた夢の光景ですなぁ。。。
Commented by rairaj6 at 2010-01-25 01:00
「ダーウインが来た」そちらのチュウヒ 見ましたよ!
生態もよくわかりました。
ハクガン いいですね~~。いつ見れるか?
>九州では夢のまた夢の光景ですなぁ。。。
確かに・・・
Commented by KX2_Birder at 2010-01-25 01:18
M.hanadaさん、
> 夢のような光景・・・

こちらは全国でも日照時間が最も短い地域で
冬になるとめったに太陽が顔を出しません。
でも悪いことばかりじゃないですね(^^;
Commented by KX2_Birder at 2010-01-25 01:23
rairaj6さん、
> 「ダーウインが来た」そちらのチュウヒ 見ましたよ!

あっ!忘れて見逃しました(^^;;;
ハクガンやタンチョウ、シジュウカラガン、コミミズク、ハイイロチュウヒ
も同じ地域で見られます。
本当に鳥たちには好まれる環境のようですね!

<< シジュウカラガンもお帰り! 先生、こうですか!? >>