2006年 02月 08日 ( 1 )

 

D200の実力

昨年末から導入したNikon D200ですが、ちまたでの評価では解像感に難アリという
意見が多いのですが、なかなかどうして、鳥撮りには十分な能力を持っています。

カメラの機能的には、5枚/秒の連写性能、RAWで22枚のバッファー容量、
バランサーがよく効いたミラー動作、ミラーアップ撮影機能など高性能満点なのですが、
画質の面でも、色飽和に強く、1020万画素の描写力など高い評価をして
良いカメラだと思います。

画質評価のためのウミネコのサンプル画像をどうぞ!

いつものサイズでの画像だとこんな感じです。
オリジナルサイズの約23%表示になります。
a0039245_0254850.jpg


続きまして、オリジナルサイズの約50%表示だとこんな感じです。
a0039245_0334177.jpg


最後は、オリジナルサイズの100%表示、いわゆるピクセル等倍というヤツです。
a0039245_0365328.jpg


是非、クリックして縮小しない画像でご覧ください。
モニタサイズくらいにトリミングしてありますので、ファイルサイズも小さめです。

もちろん、高画素化によりブレやすくなったりと簡単に綺麗な画像は撮れませんが、
きちんと撮れば、その努力に報いてくれるカメラなのではないかと感じています。
これくらいの解像力があると、比較的近距離から撮影しているシギチの画像で
一番威力を発揮しそうです。

春が待ち遠しいですね!!

by KX2_Birder | 2006-02-08 21:00 | 機材他 | Comments(10)