2007年 01月 16日 ( 1 )

 

機材のチェック

D200を使い始めて1年以上がたちましたが、
今まで一度もCCD(LPF)のクリーニングをしていません。
ブロアーでシュポシュポさえもしていません(^^;

その間に、数回だけですがゴミらしきものが写り込んだ
ことがありましたが、1カットだけで、次のカットでは
落ちてしまったのか写っていませんでした。

某所で、LPFのゴミの話しになったので、心配になり
絞りを最高に絞り(F54)、白い紙を撮影してLPFのゴミを確認
してみましたが、まったくと言っていいほどゴミはついて
いませんでした。
極々小さなものが数個見られましたが、絞りをF20くらいにすると
もう見えなくなっていましたので、開放近辺で使うことが極端に多い
σ(^-^)としては、ノープレブレム(もうまんたい)です!!


a0039245_14485969.jpg


最近どうも甘い画像が多いので、もしかしてCCDにゴミがいっぱい
付いているのではと思ったのですが、そういう訳でもないので、
AF精度に関しても確認してみました。
消しゴムをターゲットにして、斜めにメジャーを配置する方法です。
今度は、できるだけ被写界深度を浅くするための絞り開放での
撮影です。

これまた、問題なし。消しゴムの表面にピンが来ていて、
前後1cmに向かってきれいにピンがボケています。
前後の偏りも無いようです。
ということで、一安心!と思ったのですが、、、

大変な問題が発覚しました!!( ̄□ ̄;)!!ガーン

機材に特に問題が無いということは、、、
腕に問題があったということです、、、。・゚・(つД`)・゚・。 やっぱり

by KX2_Birder | 2007-01-16 23:00 | 機材他 | Comments(8)