<   2005年 08月 ( 7 )   > この月の画像一覧

 

珍鳥アメリカズグロカモメ現る!

アメリカズグロカモメが出た!という情報を聞き、
さっそく見に行ってきました。
日本で6例目、秋田では2度目という珍鳥です。

待っても待ってもなかなか現れず、4時間ほど待った11時過ぎに
やっと現れました。
一瞬見たときは、ん?ユリカモメ?みたいな感じでしたが、
目がなれると頭の黒い部分の違い、嘴の色、足の色、そして何よりも
背中の色がユリカモメに比べて濃いことがわかります。

ユリカモメにくらべて目のまわりに白い縁取りが目立ちますので、
なんだかひょうきんな顔つきに見えます。
良く言うと愛想のある顔つきですね。悪く言うといっとき流行った
ガングロ化粧のようでもあります。

この日は、港の堤防の上を歩いたり、手前の海に降りて
羽づくろいなどをして見せてくれました。

初列風切がかなりかけています。
いつまで居てくれうのでしょう?
できれば、冬羽になるまで居てほしいものです。

a0039245_65562.jpg

a0039245_665868.jpg

a0039245_6173432.jpg

a0039245_6225661.jpg

4枚ともアメリカズグロカモメ
Nikon D70:AF-S Nikkor ED500mm F4DⅡ

by KX2_Birder | 2005-08-30 21:00 | アメリカズグロカモメ | Comments(0)  

ミユビシギ

白っぽい冬羽のかわいいミユビシギですが、
この個体は、かなり夏羽が残っています。

秋田では、数十羽の群れを見ることは少ないのですが、
今回も一羽だけトウネンに混じっていました。

名前のとおり、後趾がなく足の指が3本しかありません。

a0039245_3522190.jpg

a0039245_354644.jpg

a0039245_3544812.jpg

a0039245_3563131.jpg

4枚ともミユビシギ
Nikon D70:AF-S Nikkor ED500mm F4DⅡ

by KX2_birder | 2005-08-21 21:00 | シギチ | Comments(0)  

キリアイ

トウネンの群れに混じっていたキリアイです。
このときは、ミユビシギとキリアイが入っていました。

大きさはトウネンよりもちょっと大きく、ミユビシギよりもひと回り小さいくらいです。
嘴の長さは、トウネンに比べるとかなり長く、先が下に曲がっているのが特徴です。

a0039245_4165681.jpg

a0039245_4175024.jpg

a0039245_4211047.jpg

3枚ともキリアイ
Nikon D70:AF-S Nikkor ED500mm F4DⅡ

by KX2_birder | 2005-08-21 20:30 | シギチ | Comments(2)  

オバシギ

今日は、オバシギが6羽入っていました。

比較的大きなシギなのですが、警戒心が薄いらしく
カメラを構えていると、餌をついばみながら目の前を通り過ぎていきます。

a0039245_4372591.jpg

a0039245_4573528.jpg

a0039245_458529.jpg

3枚ともオバシギ
Nikon D70:AF-S Nikkor ED500mm F4DⅡ

by KX2_birder | 2005-08-20 21:00 | シギチ | Comments(0)  

チゴハヤブサ

学生の時から見慣れていたチゴハヤブサですが、
久しぶりに見たくなって猿賀神社に足を運びました。
本当に久しぶりです(笑

着くなり頭上から、キーキキキッという甲高い声が聞こえてきました。
チゴハヤブサの声です。
しかし、神社の高い木のてっぺんにとまっていて姿ははっきり見えません。
デジスコだったら、あれでも撮っちゃうんでしょうが、
デジ一眼ではちょっと無理な距離です。

しばらく、あたりを歩いていたら、近くの電柱にとまりました。
その電柱が好きなようで、そこから餌を採りに飛び立っては
また戻ってきます。

おかげで、デジ一眼でもハッキリわかる画像が撮影できました。
電柱は愛嬌ってことで、、、(笑

a0039245_1841646.jpg

a0039245_18424614.jpg

2枚ともチゴハヤブサ
Nikon D70:AF-S Nikkor ED500mm F4DⅡ

by KX2_Birder | 2005-08-14 21:00 | 野鳥全般(野山) | Comments(0)  

ち・近すぎるって!

アカショウビンが見られるのも8月上旬までとのことで、
今年最後のつもりで十二湖へ出かけて再挑戦!

いつものように、夕方から待ち構えると、先日と同じ枝に止まり
しばしたたずむ。
先日は、そのまま森の中へ姿を消したのですが、今回は、餌を取った後
すぐ横の倒木へ、、、
近い近すぎる、、、
レンズの最短焦点距離が4.6mですので、本当にギリギリの距離です。

前回アップ画像を撮ったので、少しまわりの風景も入れた画像を
撮影したいと期待して望みましたので、デジスコ並みのアップ画像が
撮れましたが、なんだか釈然としません。
・・・って贅沢すぎですか?(笑

a0039245_5403798.jpg

a0039245_5411088.jpg

アカショウビン
Nikon D70:AF-S Nikkor ED500mm F4DⅡ


上の2枚の画像を撮影する前に、ちょっと手前の枝にとまった
この画像が一番お気に入りだったりします。
画像を見てもらえればわかりますが、尻尾がブレています。
なにせ薄暗い夕方で、1/8~1/4のシャッタースピードで撮ってますので、
ご勘弁を、、、

a0039245_546810.jpg

アカショウビン
Nikon D70:AF-S Nikkor ED500mm F4DⅡ

by KX2_Birder | 2005-08-04 21:00 | アカショウビン | Comments(5)  

オオハム(夏羽)

6月下旬から姿を見せているオオハム(Gavia arctica:Black-throated Diver)
ですが、まだ、その愛くるしい姿を見せてくれています。
オオハムとシロエリオオハム(Gavia pacifica:Pacific Diver)の夏羽の識別点として、
首の顎紐の色が上げられ、オオハムが緑、シロエリオオハムが紫となっていますが、
野外での観察ではその違いはわかりません。光の具合によって紫に見えたり、
緑に見えたりします。

フィンランドのHPにオオハムの画像がたくさん掲載されているページがありました
ので紹介します。
これを見ても首の顎紐は紫に見えますよね。
http://www.lintukuva.fi/lajikuvat/gavarc/index.php

a0039245_5282215.jpg

a0039245_5283879.jpg

2枚ともオオハム
Nikon D70:AF-S Nikkor ED500mm F4DⅡ+TC17EⅡ

a0039245_5285237.jpg

オオハム
Nikon D70:AF VR Zoom Nikkor ED 80-400mm F4.5-5.6D

by KX2_Birder | 2005-08-01 21:00 | オオハム(夏羽) | Comments(0)