<   2006年 09月 ( 23 )   > この月の画像一覧

 

ムナグロ

ダイゼンと言ったら、次はムナグロでしょう!

、、、という訳ではないのですが、海岸に黄金色のムナグロが入ってました。
夏羽のムナグロも良いですが、金色のムナグロも綺麗ですね!

打ち上げられた海草にシギチたちが集まっていましたのですが、
あまり大きくないちょっとした塊なのに、ムナグロの他に、トウネン、キアシシギ、
ハマシギ、ソリハシシギ、メダイチドリとにぎやかでした。

a0039245_422274.jpg
a0039245_494055.jpg
a0039245_4102548.jpg
ムナグロ
D200:AF-S Nikkor ED500mm F4DⅡ

by KX2_Birder | 2006-09-30 22:00 | シギチ | Comments(8)  

ダイゼン

ダイゼンの幼鳥です。
どうもダイゼンとはタイミングが悪いようです。
去年も日中のカンカン照りにぶつかって、コントラストの強すぎる
画像になってしまいましたが、今年も同様に、、、orz

やけに近づいてくる個体で、気が付くと車のすぐワキで休んでました、、、またまたorz

a0039245_021111.jpg

a0039245_0215091.jpg


ふぁあ~~~~!

a0039245_0245587.jpg


せっかくなので、ちょっとトリミングしてドアップに!!(笑

a0039245_0262542.jpg
ダイゼン
D200:AF-S Nikkor ED500mm F4DⅡ

by KX2_Birder | 2006-09-28 22:00 | シギチ | Comments(13)  

オオルリ

まだ少し早いかと思ったのですが、久しぶりにお山へ行ってみたら
オオルリたちが、さかんにサワフタギの青い実を食べに来てました。
1枚目の画像の右側に少し写っているのがサワフタギの実です。

でも、まわりにトンボが嫌ってほどいるのに見向きもせずに
この青い実を食べているんですね。美味しいのかな?

a0039245_3353176.jpg
a0039245_3365861.jpg

枝かぶりですが若さまの画像。
なかなか若さまは、しっかり姿を見せてくれませんでした。
a0039245_338658.jpg
オオルリ
D200:AF-S Nikkor ED500mm F4DⅡ

by KX2_Birder | 2006-09-27 22:00 | 野鳥全般(野山) | Comments(6)  

バフちゃんは長い話が苦手

ホウロクじいさん!
バフ色のバフって何?何?教えてよ!

まあ待て待て、そうあわてるな!

a0039245_4504148.jpg


バフ色とはな、皮の色のことなんじゃよ。
もともとは、バッファロー(Buffalo)の皮を揉んで柔らかくしたものを
バフ(buff)と呼んで、丈夫で柔らかい素材として衣類に使われていたらしいんじゃ。
ずいぶん古くから使われておってな、昔は兵士の服装として使われておったそうじゃ。
300年以上も昔のルイ14世の頃の記載にも、兵士がバフ皮を着用していたことが
書いてあるんじゃよ!
非常に丈夫で、身を守るためにも重宝したそうで、昔の兵士はバフ皮のコートや
手袋をしておったそうじゃ。
その後、バッファローだけではなく牛や鹿の皮をなめしたものを総称して
バフと呼ぶようになってな、広く使われるようになったんじゃ。
わかったかな?






a0039245_5224116.jpg



Zzzzz・・・
バフちゃんは、長い話を聞くのが苦手なのでした、、、

by KX2_Birder | 2006-09-26 22:00 | バフちゃん | Comments(12)  

バフ色のバフちゃん・・・続き

a0039245_17201423.jpg
ねえねえ!
某掲示板で「バフ色のバフ」の正体が書かれているそうよ!





おしゃべりなバフちゃんは、秘密を知ると黙っていられない性格なのでした、、、

by KX2_Birder | 2006-09-26 07:30 | バフちゃん | Comments(4)  

ホウロクシギ

いつもの海岸にホウロクシギが入りました。

長~いクチバシが特徴のホウロクシギですが、一番の特徴のクチバシと関係なく
なぜか名前が焙烙シギなんですね~
焙烙(ほうろく)とは、豆やお茶を炒ったり蒸したりする時に使う素焼きの
土鍋のようなものですからホウロクシギの形態とは関係なさそうです。

ホウロクシギ似た大型のシギにダイシャクシギがいますが、
こちらは腹面、腰、翼の下面が白くなっています。
それに対して、ホウロクシギは、腹面、腰、翼の下面が薄茶色です。
おそらく、ダイシャクシギの名前が先に決まっていて、ダイシャクシギに比べて
全体が薄茶色のシギだから、素焼きの焙烙に色が似てるってことで
ホウロクシギという名前がついたのではないでしょうか?(想像ですが、、、)
なんだか、ちょっとかわいそうな命名のような気がします。。。

a0039245_212335100.jpg
a0039245_2125892.jpg
a0039245_21262266.jpg
a0039245_21393495.jpg
a0039245_21292585.jpg
ホウロクシギ
D200:AF-S Nikkor ED500mm F4DⅡ

by KX2_Birder | 2006-09-24 22:00 | シギチ | Comments(10)  

マタ~リ

今頃の季節は、日差しが暖かく感じられて、ほんとうに気持ち良いですね!

シギチたちも餌を採るのをひと休みして、マタ~りしています。

a0039245_3111991.jpg
a0039245_314693.jpg
a0039245_312715.jpg

by KX2_Birder | 2006-09-21 22:22 | シギチ | Comments(17)  

ペリット

鳥は、消化できない小骨や毛を固まりにして口から吐き出しますが、
この消化できない固まりのことをペリットと言います。
ペレットと呼ぶ方もいらっしゃいますが、スペルは「 pellet 」で、
発音記号では[ pelit ]です。
国語辞典にはペレットでも載ってますので、間違いではないのですが、
ペリットと呼ぶ方が正しいでしょう。

シギチの場合は、小骨や毛ではなく、カニの甲羅や昆虫類の甲殻などが
ペリットの主な内容だと思います。

シギチを撮影していると、よくペリットを吐き出す瞬間を見かけます。
大きなシギは、ペリットのサイズも大きいのでボトッと落とすことが
多いのですが、小さなトウネンなどは吐き出す際に首を振って振り飛ばす
ことが多いようです。

キアシシギのペリットを吐き出す瞬間を連続で撮った画像がありましたので、
アニメーションGIFにしてみました。
GIFですので、画像が良くないのはご勘弁ください。
シングルモードで指連写したのですが、1秒間に4コマ撮影できていました!(エライ!

a0039245_18472.gif


キアシシギの場合は、ペリットの大きさは10円玉よりもひとまわり
小さいくらいですが、けっこう大きいですね。
ちょうどshorebirds-wadersさんのブログSHORE BIRDS IN JAPANにキアシシギ
のペリットの画像が出ています。



ペリットを吐き出す時って、とっても苦しそうに何度も口を開けるんですが、
そのようすがまるで叫んで何かをうったえてるようで、ついつい吹き出しをつけて
こんな遊びをしたくなります!(笑


a0039245_12541376.jpg

by KX2_Birder | 2006-09-19 23:00 | シギチ | Comments(10)  

青い海とトウネン

この3連休は、天気がすぐれなくて鳥撮りに行けなかった
という方も多いと思います。
こちらも、ぐずついた天気で風が強かったせいもあり
たまっていた画像の整理も進みました(^^;

先週、天気の良い日に撮ったトウネンの画像ですが、
きれいな青い海で、気分を晴らしましょう!!(苦笑

a0039245_4462983.jpg

by KX2_Birder | 2006-09-18 23:00 | シギチ | Comments(4)  

バフちゃん

シーズンが遅くなってくると、シギチの種類も減って
トウネンとバフちゃんが常連になってきます。

『バフちゃんって誰よ!どこの国の人よ!』

あっそれはですね~
図鑑とかでメダイチドリの幼鳥の胸の色をバフ色って
書いてるのを見たときに、妙に印象に残ってて
それ以来、メダイチドリの幼鳥をバフちゃんって呼んでるんです。

かわいいヤツです。バフちゃん!

a0039245_4361650.jpg
a0039245_4333998.jpg
a0039245_426349.jpg
メダイチドリ

by KX2_Birder | 2006-09-18 22:00 | バフちゃん | Comments(4)