<   2008年 03月 ( 25 )   > この月の画像一覧

 

ミソサザイ

カワガラスを撮影しに川へ行ったら
ミソサザイがすぐそばで鳴き出しました。

あたりに響く、大きくそして澄んだ綺麗な声が
心にしみわたります。

コケを運ぶ姿も見られましたよ!

a0039245_23142760.jpg
a0039245_23135469.jpg
a0039245_23131794.jpg

最後は1200pixバージョンでどうぞ!

a0039245_23175799.jpg

by KX2_Birder | 2008-03-30 22:00 | 野鳥全般(水辺) | Comments(10)  

春、オオジュリン・・・ゴマシオ

春になって、オオジュリンの頭も少し黒っぽくなってきました。
まだまだ真っ黒には遠いのでゴマシオ頭です(^^;

a0039245_1125630.jpg
a0039245_1132881.jpg


メスはやっぱり変わりませんね(^^;
a0039245_1153574.jpg
オオジュリン
D200:AF-S Nikkor ED500mm F4DⅡ

by KX2_Birder | 2008-03-28 22:00 | 野鳥全般(野山) | Comments(8)  

春、海岸、シロチドリ

天気が良いので、越冬したシロチドリたちの様子を見に海岸へ
やはり青い海にシギチはいいですね~

もう時期シギチのシーズンです!!

a0039245_1124869.jpg
a0039245_1134495.jpg
a0039245_1143357.jpg


すっかり夏羽になっているのもいます。
a0039245_1154489.jpg
シロチドリ
D200:AF-S Nikkor ED500mm F4DⅡ

by KX2_Birder | 2008-03-26 22:00 | シギチ | Comments(6)  

ジョウビタキ

ミソサザイの様子を見に行ったら、久しぶりのヒィ!という声。
ん?と思い、しばらくガードレールに腰かけて待っていると
来ました来ました、ジョウビタキ君!!

こちらでは、冬にはあまり多くないジョウビタキなので
春まだ早いこの時期に会えるのはうれしいですね~

枝のごちゃごちゃしたところですので、絵になりませんが、、、(^^;

a0039245_23235072.jpg
a0039245_23245866.jpg
a0039245_2326221.jpg
a0039245_232729.jpg
ジョウビタキ
D200:AF-S Nikkor ED500mm F4DⅡ

by KX2_Birder | 2008-03-25 22:00 | 野鳥全般(野山) | Comments(6)  

春、ケリの声

田んぼには、たくさんのケリが入っており
ペアで行動しているものも、かなりいました。

縄張りの主張のためか、けたたましく鳴くケリの声が
田んぼじゅうに響きます。

a0039245_23455527.jpg
a0039245_23473866.jpg
a0039245_23482839.jpg
a0039245_23503365.jpg
a0039245_23512920.jpg
a0039245_23522870.jpg
ケリ
D200:AF-S Nikkor ED500mm F4DⅡ

by KX2_Birder | 2008-03-23 22:00 | 野鳥全般(野山) | Comments(16)  

春、ヒバリのさえずり

河原では、たくさんのヒバリたちが空高く舞い上がりさえずっています。
春が来たなあ~と感じる声ですね~

a0039245_011019.jpg
a0039245_0114096.jpg
a0039245_0121615.jpg
ヒバリ
D200:AF-S Nikkor ED500mm F4DⅡ

by KX2_Birder | 2008-03-22 22:00 | 野鳥全般(野山) | Comments(4)  

雁供養

ガンたちは、みな北へ帰っていったようです。
この時期になると必ず思い出す話があります。
昔聞いた話で、σ(^-^)の実家の方で言い伝えられている話です。

a0039245_0195553.jpg


簡単にご紹介しますね。

∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽

ガンたちは、北の国からの長い旅をする際に
それぞれが一本づつ枝をくわえて飛んでくるという。
疲れると、くわえていた枝を海に浮かべて、
その上にとまって羽を休めて、また旅を続ける。

海を渡り終えて浜につくと、いらなくなった枝を浜に残し
それぞれの越冬の地へ渡っていく。

春、浜で、秋に置いていった枝をまた
それぞれが一本づつくわえて北の国へ帰っていくという。

ガンたちが渡っていった後には、不幸にして
日本で命を落としたガンの数だけ枝が残される。

浜の人たちは、その枝を拾い集めて風呂を炊いて
命を落としたガンたちの供養をするという。

∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽

もちろん、渡りのガンたちが枝をくわえて飛んでいるところを
見たこともありませんし、海に浮かべた枝の上で羽を休める
ということも空想の話だと思います。

でも、こういう自然のいとなみに対する思いがつまったお話は
いつまでも忘れたくないですね。

画像は、海の上を飛ぶマガン
a0039245_0724.jpg



そうそう、秋に25羽で渡ってきたハクガンですが、
春に帰ってきた時は24羽になっていました。
1羽はどうしたのかと心配していましたが、
岩手日報に岩手県でハクガンが1羽確認された記事がありました。
『岩手日報3月17日の記事』

ハクガンたちが秋田で確認されたのが2月末頃で、
8日にも秋田で確認されていますから、ちょうど同じ頃に
岩手で1羽確認されたことになります。
何かの理由で25羽のうち1羽だけはぐれちゃったのだといいですね。

きっとハクガンたちは、自分の枝をくわえて、無事に北の国へ帰って
合流するのだと期待したいですね!

by KX2_Birder | 2008-03-20 22:00 | ガン・カモ | Comments(10)  

ハジロカイツブリも夏羽

ハジロカイツブリもすっかり夏羽になっていました。

a0039245_28577.jpg


ちなみに冬羽はこんなでした。
冬羽の方がお馴染みなせいか、かわいいです(笑

a0039245_293289.jpg
ハジロカイツブリ
D200:AF-S Nikkor ED500mm F4DⅡ

by KX2_Birder | 2008-03-19 22:00 | 野鳥全般(水辺) | Comments(2)  

カンムリカイツブリ

カンムリカイツブリも夏羽になって、冠もりっぱになってきました!

a0039245_093839.jpg
a0039245_1343431.jpg





a0039245_0225979.jpg
a0039245_0265599.jpg
カンムリカイツブリ
D200:AF-S Nikkor ED500mm F4DⅡ

by KX2_Birder | 2008-03-18 22:00 | 野鳥全般(水辺) | Comments(4)  

山はまだまだ雪が多く、、、

山の様子を見に行きましたが、まだまだ雪が多く、ところによっては
膝よりも雪が深く、とても思うように動ける状態ではありませんでした。

見れたのはカラ類の混群くらいですが、里と違う山の雰囲気は
それだけで気持ちの良いものです。

a0039245_1361288.jpg
a0039245_1372259.jpg
a0039245_138550.jpg
a0039245_1383471.jpg

by KX2_Birder | 2008-03-17 22:00 | 野鳥全般(野山) | Comments(4)