<   2012年 08月 ( 18 )   > この月の画像一覧

 

意外な高アクセス・・・Part3

意外な高アクセスのPart3は、この『ダイゼン with 青いクラゲ』
この時期、海岸に打ち上げられた青いクラゲを見てなんだろうと
調べてみてヒットした人が多いんでしょうね。
2009年9月の記事です。

================================

ダイゼン幼鳥を撮っていると背後に大きな青い物体が、、、

あ、あ、青い、、、

a0039245_2216826.jpg



近くに寄って見るとクラゲです。
茶色いエチゼンクラゲは、ここ数年毎年大量に打ち上げられていますが
青いクラゲはみたことがありません。
しかもけっこうデカイです。

a0039245_22185722.jpg


1つや2つでなく、大量に打ち上げられています。
ところで、このクラゲ、何クラゲなんでしょ?
誰かわかる方教えてください~!

a0039245_22204690.jpg



PS:
いろいろ調べた結果、このクラゲはスナイロクラゲではないかと思うのですが、
違っていたら教えてくださいね!

by KX2_Birder | 2012-08-29 22:00 | 野鳥全般(その他) | Comments(0)  

オジロトウネン

ヒバリシギの入っていた田んぼには
オジロトウネンの幼鳥も入っていました。

このオジロトウネンも、ここがお気に入りの場所らしく
トウネンを追い払っていました。

a0039245_23441493.jpg
a0039245_23453591.jpg
オジロトウネン
D300s:AF-S Nikkor ED500mm F4DⅡ

by KX2_Birder | 2012-08-28 22:00 | シギチ | Comments(0)  

ヒバリシギ

田んぼのシギチも増えてきて、トウネン、ヒバリシギなどが
多数入るようになりました。

このヒバリシギくんは、あぜ道の横がお気に入りの餌場のようで
近づいてくるトウネンを片っ端から追い払っていました。

a0039245_1594373.jpg
a0039245_224435.jpg


泥の中でも沈まないように、中趾だけが特別長くなっています。
a0039245_2103433.jpg


餌採りに疲れたら、羽を広げてちょっと休憩
a0039245_2125279.jpg
ヒバリシギ
D300s:AF-S Nikkor ED500mm F4DⅡ

by KX2_Birder | 2012-08-26 22:00 | シギチ | Comments(0)  

ツバメチドリ

水の少なくなった田んぼにツバメチドリが入っていました。

飛んで田んぼを移動しようとしたとき、ツバメたちに
追いかけられていました。
ツバメに姿が似ているのが災いしたのでしょうか(^^;

a0039245_2382469.jpg
a0039245_2392066.jpg
ツバメチドリ
D300s:AF-S Nikkor ED500mm F4DⅡ

by KX2_Birder | 2012-08-25 22:00 | シギチ | Comments(0)  

意外な高アクセス・・・Part2

次に多いのが、アカショウビンのたくさんある記事の中でも
どういうわけか、この『アカショウビン・ごっくん!』
2007年6月の記事です。

================================

サワガニを捕まえたアカショウビンは、さんざん木に叩きつけて
脚を全部とった後、縦につぶしてしまいました。

a0039245_22585412.jpg


トリミングしてアップにすると、口の中に赤い小さな舌が見えます。
アカショウビンの舌は小さいんですよ!

a0039245_233184.jpg



でもって、最後は、ごっくん!(笑

a0039245_2334993.jpg
アカショウビン
D200:AF-S Nikkor ED500mm F4DⅡ

by KX2_Birder | 2012-08-24 22:00 | 野鳥全般(その他) | Comments(0)  

意外な高アクセス・・・Part1

exciteブログの機能で、ブログ記事のアクセス数がわかるのですが
かなり古い記事なのに、いまだに高アクセスのものがあります。

中でも一番多いのが、この『たまにはお勉強(小翼羽)』
2005年12月の記事ですが、鳥の翼に興味をもった方が、
小翼羽を調べてヒットしているのかもしれませんね。

================================

下の画像は、マガンがこれから飛び立とうとしているところですが、
たまには翼の勉強をしてみましょう。(笑

初列風切の付け根のところに少し長めの羽(矢印)がたれているのがわかりますか?
この羽を小翼羽(しょうよくう)と言います。
小翼羽は、速度が遅くなって翼の揚力が足りなくなった際に広げて
翼上面の気流を整えて揚力を維持する役目を持っています。

普段は、画像のように翼にぴったり付けて飛んでいます。

a0039245_12382919.jpg



鳥が着陸する際には、速度を落とすため揚力が少なくなります。
減速によって不足した揚力を大きくするためには、翼を立てるのですが、
翼上面の気流が乱れると揚力が失われて失速してしまいます。

その際に、鳥は小翼羽を広げて翼上面を流れる空気に渦を起こし
翼に沿って空気が流れるように調整するのです。

下の画像の着地しようとしているマガン達が、小翼羽を広げているのが
わかりますか?

a0039245_128732.jpg



ところでこの小翼羽、人間の手におきかえると、どの部分の羽だと思います?(笑
 ①親指
 ②親指の付けね
 ③手首


正解:

鳥類は、進化の早い段階で哺乳類とは別の道をたどったと考えられており、
哺乳類の骨格とは、かなり違っている部分が多いのですが、同じ脊椎動物
ということもあり哺乳類と共通する部分も多いようです。

翼の骨格を人間の手に置き換えた場合、指にあたる部分の骨は、人間が5対
なのに対して、鳥類は3対しかありません。皆さんが良くご存知の初列風切は、
第2指、第3指、および手のひら・手首の骨にあたる部分から生えています。

問題の小翼羽は、第1指からはえています。人間の手におきかえると親指に
あたりますので、答えはですね。

鳥の翼をミトンの手袋におきかえてみるとイメージがわくと思います。
親指が小翼羽で、人差し指から小指が初列風切です。
小翼羽は独立して自在に動かせるようになっており、小翼羽のコントロールに
より、低速飛行でも失速墜落しなくてすむのです。

by KX2_Birder | 2012-08-23 22:00 | 野鳥全般(その他) | Comments(0)  

シギチ息止め選手権!

シギチ対抗息止め選手権!

決勝戦の対戦は、
1コース ウズラシギくん、
2コース タカブシギくん、
3コース コアオアシシギくん

位置について~、よーい、スタート!!

a0039245_21573962.jpg


お~っと、一番最初に顔を上げたのは
タカブシギくんです

a0039245_2159243.jpg


さあ、優勝はどちらか!?
コアオアシシギくんが顔をあげた~!

ウズラシギくん金メダル獲得~!

a0039245_2204263.jpg



おっと、しかし副審から再判定の要求がありました。
2枚目の画像でウズラシギくんが鼻を出していたのでは
ないかという疑義がありました~

by KX2_Birder | 2012-08-22 22:00 | シギチ | Comments(2)  

ヒマワリ畑のカワラヒワ

満開のヒマワリの上にカワラヒワ

普段は撮らないカワラヒワですが
ヒマワリだけだと寂しいと思っていたら
ちょうど良い具合に止まってくれました。

a0039245_2304340.jpg
a0039245_2311592.jpg
カワラヒワ
D300s:AF-S Nikkor ED500mm F4DⅡ

by KX2_Birder | 2012-08-21 22:00 | 野鳥全般(野山) | Comments(0)  

アマサギ

今年も田んぼにはアマサギがいっぱい!

アマサギたちは、田んぼで餌を採りながら
車が通ると田んぼの中から頭だけを出して様子を確認

a0039245_0173773.jpg


移動するときは、みんなでいっせいに移動

a0039245_020889.jpg
a0039245_0195021.jpg
アマサギ
D300s:AF-S Nikkor ED500mm F4DⅡ

by KX2_Birder | 2012-08-19 22:00 | 野鳥全般(水辺) | Comments(2)  

シロチドリ親子

海岸にシロチドリ親子がいました。

今の季節は、海水浴に来ている人も多く
シロチドリたちも落ち着かないことでしょう。
東北の夏はもうすぐ終わりですから
ちょっとだけ我慢です。

a0039245_241389.jpg
a0039245_215382.jpg
a0039245_255922.jpg
シロチドリ
D300s:AF-S Nikkor ED500mm F4DⅡ

by KX2_Birder | 2012-08-17 22:00 | シギチ | Comments(0)