<   2014年 03月 ( 12 )   > この月の画像一覧

 

シロチドリ

久しぶりに河口から、海岸をまわってみました。
越冬個体なのか、シロチドリが数羽波打ち際で餌を
ついばんでいました。

久しぶりにシギチを撮りましたが、やはりいいですね~
もうじき春のシギチシーズンです!!
a0039245_22365360.jpg
a0039245_22374355.jpg
a0039245_22571917.jpg
a0039245_22392379.jpg
シロチドリ
D300s:AF-S Nikkor ED500mm F4DⅡ

by KX2_Birder | 2014-03-30 22:00 | シギチ | Comments(0)  

ハクガンたちは北海道へ

ハクガンたちが北海道へ到着したそうです。
確認できたのは、101羽とのことですが、残りも
すぐに合流することでしょう!

今年もたくさんの素晴らしいシーンを楽しませてくれました。
来年は、もっとたくさんの仲間を連れきてくれることでしょう!

しばしの別れを惜しみつつ、来シーズンのさらなるたくさんのハクガンとの
再会におおいに期待します。
a0039245_2371192.jpg
a0039245_2374215.jpg
a0039245_2383371.jpg
a0039245_2392096.jpg
a0039245_23101230.jpg
ハクガン

by KX2_Birder | 2014-03-23 22:00 | ハクガン | Comments(2)  

鳥鉄(オオワシ)

こちらでは、この時期まで、まだ水路が一部凍結している部分が
残っています。
そういうところは、ワシたちのかっこうの休み場となっていて、
オジロワシやオオワシが見られます。

オオワシ幼鳥が2羽休んでいたので、遠くから撮影していると
後ろを奥羽本線「つがる」が通過
a0039245_5504986.jpg
オオワシ
D300s:AF-S Nikkor ED500mm F4DⅡ

by KX2_Birder | 2014-03-20 22:00 | 猛禽類 | Comments(0)  

シロカモメ

ここの港は、ワシカモメがいなくてシロカモメが数羽
目が黒いので、第1回目の冬羽のようですね。
a0039245_04444.jpg
a0039245_0442780.jpg
シロカモメ
D300s:AF-S Nikkor ED500mm F4DⅡ

by KX2_Birder | 2014-03-19 22:00 | 野鳥全般(水辺) | Comments(0)  

コクマルガラス(淡色型)

たくさんのガンの群れの横にミヤマガラスの群れがいたので、
もしかしてと思い探してみると、いました!いました!
コクマルガラス(淡色型)が2羽入っていました。

ミヤマガラスたちは警戒心が強いというわけではないのですが、
感がするどく、レンズを向けようとすると、かなり離れていても
パ~っと飛んでしまうので、コクマルガラスもつられて飛んで
なかなか思うように撮れません。

ようやく離れたところに2羽ならんでいるのが撮れました。
a0039245_33524.jpg
a0039245_341878.jpg
コクマルガラス
D300s:AF-S Nikkor ED500mm F4DⅡ

by KX2_Birder | 2014-03-18 22:00 | 野鳥全般(野山) | Comments(0)  

コクガン

真冬は数羽だったコクガンが15羽になっていました。
渡りの途中で休憩しているのでしょうね。

天気は良かったのですが、太陽がコクガンたちをはさんで
向こう側にあり、もろ逆光で厳しい状況。
なんとか採れたものを見ても黒いコクガンが逆光で
ますます真っ黒に、、、
a0039245_23372060.jpg

a0039245_23375485.jpg
a0039245_23383161.jpg
a0039245_23385940.jpg
コクガン
D300s:AF-S Nikkor ED500mm F4DⅡ

by KX2_Birder | 2014-03-16 22:00 | ガン・カモ | Comments(0)  

ワシカモメ

ここの港では、ワシカモメが数羽
さっきの港ではシロカモメが数羽
何が違うのかよくわかりませんが、港によって
いるカモメの構成が若干違います。
なぜなんでしょうね~?
a0039245_22381432.jpg
a0039245_22383390.jpg
a0039245_22384699.jpg
ワシカモメ
D300s:AF-S Nikkor ED500mm F4DⅡ

by KX2_Birder | 2014-03-13 22:00 | 野鳥全般(水辺) | Comments(0)  

ヨシガモ

遠くないのに、あまり行くことのない港なんですが、
ここの港は、毎年ヨシガモがいます。

ちょうど日が差してきたので、ヨシガモの頭の緑色が
綺麗に出ました。
a0039245_2237757.jpg
a0039245_22372838.jpg
ヨシガモ
D300s:AF-S Nikkor ED500mm F4DⅡ

by KX2_Birder | 2014-03-11 22:00 | ガン・カモ | Comments(2)  

雁供養

毎年恒例となっていますが、北へ帰るたくさんのガンたちを見ると
もうすぐお別れの季節だと実感させられます。
今週に入り寒気が入ってきたので、春らしくない天気となっていますが
ガンたちの心は北へ北へと向いていることでしょう。

a0039245_028159.jpg

∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽

ガンたちは、北の国からの長い旅をする際に
それぞれが一本づつ枝をくわえて飛んでくるという。
疲れると、くわえていた枝を海に浮かべて、
その上にとまって羽を休めて、また旅を続ける。

海を渡り終えて浜につくと、いらなくなった枝を
浜に残しそれぞれの越冬の地へ渡っていく。

春、浜で、秋に置いていった枝をまた
それぞれが一本づつくわえて北の国へ帰って
いくという。

ガンたちが渡っていった後には、不幸にして
日本で命を落としたガンの数だけ枝が残される。

浜の人たちは、その枝を拾い集めて風呂を炊いて
命を落としたガンたちの供養をするという。

∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽

もちろん、渡りのガンたちが枝をくわえて飛んで
いるところを見たこともありませんし、
海に浮かべた枝の上で羽を休めるということも
空想の話だと思います。

でも、こういう自然のいとなみに対する思いが
つまったお話はいつまでも忘れたくないですね。

a0039245_0274536.jpg

ガンたちが、自分の枝をくわえて、無事に北の国へ
帰って、また来年元気な姿を見せてくれることを
祈っています!

そして、このすばらしい光景がいつまでも続くように
私たちも環境に気をつけていかなければいけませんね。

by KX2_Birder | 2014-03-08 22:00 | 鳥・撮り・トリビア | Comments(2)  

シジュウカラガンも500羽集結

こちらは、あちこちガンだらけの状態ですが、車で走っていると、
少し小さめのガンが群れになっているのを見つけました。
双眼鏡で確認するとシジュウカラガンの群れです。
ざっと数えて200羽以上はいました。
a0039245_201351.jpg

しばらく観察していると、あちこちからシジュウカラガンが飛んできて
群れに合流します。
あっという間に群れは300羽を超えました。
a0039245_221880.jpg
a0039245_225673.jpg
a0039245_234590.jpg
a0039245_242924.jpg
シジュウカラガン
D300s:AF-S Nikkor ED500mm F4DⅡ

それからしばらく走るとまた、大きなシジュウカラガンの群れを見つけましたが
こちらも200羽近くいます。
おそらくこちらには、現在、500羽を超えるシジュウカラガンが集まってきて
いるものと思われます。

数年の間にすいぶん増えたものです。

by KX2_Birder | 2014-03-07 22:00 | ガン・カモ | Comments(0)