今日もアメリカズグロカモメ

懲りずに今日もアメリカズグロカモメです。

常々思っていましたが、フランクリンを撮影するポイントは、いつも灰色の海、灰色の空
もしくは灰色のテトラポッドが背景になってしまい、せっかくのフランクリンの白と黒が
綺麗に映えないんです。

今日は、この時期には珍しい快晴(^^;
ということで、海の『青』を背景に撮影することができました(^^)v

やはりいつものテトラポッドの上で休んでいました。

a0039245_612344.jpg

a0039245_631111.jpg


10時過ぎに餌を採るためか飛んでいき、姿が見えなくなりましたので、
σ(^_^)は八郎潟へ、、、

a0039245_635895.jpg



午後に、またテトラポッドを確認すると、ちゃんと戻っていましたね。
東京からアメリカズグロカモメを見るためにいらしゃったという女性の方二人をご案内して
日がかげるまでの数十分青い海を背景にしたフランクリンを堪能しました。

a0039245_685111.jpg

a0039245_614474.jpg

a0039245_6193430.jpg
アメリカズグロカモメ
Nikon D70:AF-S Nikkor ED500mm F4DⅡ

# by KX2_birder | 2005-11-26 21:00 | アメリカズグロカモメ | Comments(5)  

伊豆沼のマガン

夜明けとともに一斉に飛び立ったマガンは、採餌のために近隣の田んぼに降ります。
中には、かなり遠くまで飛ぶ一団もあるようです。

a0039245_3582748.jpg



今回の伊豆沼は、別の用事のついででしたので、ごく近隣の田んぼしかまわることが
できませんでしたが、それでも、こうして餌を採るマガンたちに会うことができます。

a0039245_3553139.jpg

a0039245_402282.jpg



マガンは、嘴の基部が白いのが特徴ですが、幼鳥には嘴基部の白い部分がありません。
また、腹の黒い大きな横斑も成鳥の特徴で、幼鳥にはありません。
同様に嘴基部が白いガンにカリガネがいますが、マガンよりもひとまわり小さく、
白い部分が頭の上まである個体が多いようです。なによりも黄色いアイリングが
確認できれば間違いありません。伊豆沼の近くの蕪栗沼で確認されているようですので
これから伊豆沼に行かれる方は、是非、蕪栗沼もまわってください。シジュウカラガン、
サカツラガンも出ているようです。

a0039245_4104378.jpg

a0039245_4113711.jpg



ガンは警戒心の強い鳥です。
さかんに餌を食べていても、何かの刺激で急に飛び立ちます。この時もちょっと近づき
過ぎたようです(^^;
農家の方もまだまだ作業をしておりますので、ガンと農家の方に十分注意を払って
観察してください。(←おまえもな!)

a0039245_4191325.jpg
マガン
Nikon D70:AF-S Nikkor ED500mm F4DⅡ

# by KX2_birder | 2005-11-24 21:00 | ガン・カモ | Comments(0)  

今月のアメリカズグロカモメ

ひさしぶりにフランクリンをゆっくり観察することができました。
鉄橋の上や、水門近くで観察されることが多いのですが、
どういうわけかσ(^-^)の場合は、このテトラポッドの上が多いですね。

一番外側の初列風切は、もう少し伸びそうですが、頭の色は
ほぼ完全な冬羽のパターンになりました。
ひょうきんな夏羽もかわいいのですが、こうして見ると
冬羽もなかなかかわいいですね!(←欲目?)

a0039245_9225279.jpg


初列風切が生えそろい、閉じた時のパターンもハッキリわかるようになってきました。
渡ってきてしばらくは、疲れていたのか腹をつけて休んでいることが多かったのですが、
最近は、しっかり立って休んでいることが多いようです。
船越水門付近は、魚の豊富な場所ですので、フランクリンも徐々に元気を回復して
きたのでしょうか?
その分、最近は行動範囲も広くなってきたような気がします。

a0039245_927321.jpg

a0039245_9273678.jpg

a0039245_928240.jpg


ひとしきり羽づくろいや伸びをした後、単独で飛び立ち
まっすぐ八郎潟の方へ旋回もせずに飛び去りました。

a0039245_9283755.jpg

a0039245_22354124.jpg
アメリカズグロカモメ
Nikon D70:AF-S Nikkor ED500mm F4DⅡ

# by KX2_Birder | 2005-11-23 21:00 | アメリカズグロカモメ | Comments(7)  

伊豆沼の夜明け

ちょっと宮城県に用事があったので、前日入りして伊豆沼へ行ってきました。

目覚ましを4時30分にセットしたのに目が覚めたら5時30分。
あわてて準備をして伊豆沼へ向かいました。
ポイントについたのが6時、ギリギリセーフでした。
近くに宿をとっておいて良かった。
伊豆沼の夜明けを見るんだったら車中泊が基本ですが、この時期は寒すぎます(^^;


6:22
だんだん空が白みはじめ、一部に朝焼けが見え始めると
近隣の田んぼで餌を採るために第一陣が飛び立ちます。

a0039245_10521774.jpg
D70:AF-S ED 300mm F4D


6:27
空全体が朝焼けに包まれ、まるで燃えているような光景です。

a0039245_10532926.jpg
D70:AF-S DX ED 18~70mm F3.5~F4.5G


6:31
伊豆沼の日の出

a0039245_10541454.jpg
D70:AF-S ED 300mm F4D


6:33
日の出からまもなく最後の一陣が飛び立ちました。

a0039245_10545533.jpg
D70:AF-S ED 300mm F4D


今回は、用事がありゆっくり鳥を見ることができませんでしたので、
たいした鳥は見ていませんが、ガンやカモの画像などは後日ご紹介します。

# by KX2_Birder | 2005-11-22 08:00 | ガン・カモ | Comments(9)  

ソデグロヅルの大サービス

先日の土曜日は、めずらしくソデグロヅルが大サービスをしてくれました。
おそらく餌が減ってきたために行動範囲が変わったのでしょう。

御所湖についたときには、向かって右側のすぐ手前で枝ごしに
姿を見せていたのですが、その後1時間ほど姿を隠したと思ったら
今度は、向かって左側の手前にひょいと姿を現しました。

その間、みんなで探していたのに見えない死角と言えば、、、1ヶ所。
そうです。目の前の高いヨシを渡っていくしかありません。。。

かなり近いうえに、こんな大サービスまで、、、
まさに袖黒ヅルですね!

a0039245_2224594.jpg
ソデグロヅル
Nikon D70:AF-S Nikkor ED500mm F4DⅡ


同じところで30分近くも餌を採りつづけ、やっと出てくれたところです。
このあと同じところに何度か入って餌を採っていました。

a0039245_2251619.jpg
ソデグロヅル
Nikon D70:AF-S Nikkor ED500mm F4DⅡ


ダイサギとニアミス
実際のサイズは、ソデグロヅルの方がかなり大きいはずですが、
こうして並ぶとあまり目立ちませんね!

a0039245_2283195.jpg
ソデグロヅル
Nikon D70:AF-S Nikkor ED500mm F4DⅡ


雪も降り始め、餌も少なくなり、まもなく御所湖から旅立ちそうな雰囲気だそうです。
もうσ(^_^)は見ることができないかもしれませんので、最後に御所湖の人工ですが、
すてきな環境をどうぞ!

a0039245_2234915.jpg
御所湖・安庭橋上流
Nikon D70:AF-S DX Nikkor ED 18~70mm F3.5~4.5G

# by KX2_birder | 2005-11-21 21:00 | ソデグロヅル | Comments(4)  

夏のオシドリ

悪天続きでネタがないので、夏のオシドリをご紹介。

最近、あちこちの掲示板で綺麗ないろどりを披露しているオシドリは、
夏には奥深い山の中で繁殖します。
苔むした幻想的な世界です。

a0039245_3502880.jpg



この画像を撮影したのは7月末ですが、雛たちもだいぶ大きくなり、
水面をかけまわり盛んに遊んでいました。
一通り遊び終わると水からあがり、かたまって休みます。

画像の左右が黒くかけているのは、木の間からこっそり撮影したためです(^-^

この雛たちのうちの一羽が、もしかしたら皆さんのお近くにおじゃましているかも
しれませんね。

a0039245_3551080.jpg
オシドリ
Nikon D70:AF-S Nikkor ED500mm F4DⅡ

# by KX2_birder | 2005-11-17 21:00 | ガン・カモ | Comments(5)  

ソデグロヅルのいる湿原

ソデグロヅルの飛来している湿原のある御所湖は、自然の湖ではなくて
雫石川をダムでせき止めて造られた人造湖です。
1981年に完成した御所ダムは、かんがい、発電、上水道等の多目的ダムとして
利用されているほか、御所湖周辺にはさまざまなレジャー施設が作られています。

a0039245_2248195.jpg


実は、この時期はダムの放水量を減らし、御所湖は満水になっている
時期なのだそうです。
そうなるともちろんソデグロヅルのいる湿原も水没してしまっていたわけですが、
地元のYさんの働きかけのおかげで、当面は現状の水位を維持してくれることに
なったそうです。

a0039245_23333279.jpg
ソデグロヅル
Nikon D70:AF-S Nikkor ED500mm F4DⅡ

# by KX2_birder | 2005-11-16 21:00 | ソデグロヅル | Comments(2)