ガンたちが集結

3月に入り雪が少なくなったこともあって
南から渡ってくるガンたちの声は
漆黒の夜空にも響き渡ります。

ここ数日で、かなりの数のガンが渡ってきているようです。
a0039245_155265.jpg




# by KX2_Birder | 2017-03-01 22:00 | ガン・カモ | Comments(0)  

水路のオオワシ

水路の氷の上で休むオオワシ

毎年見慣れた光景ですが、今年は雪で
このポイントまでたどり着けなかったのですが
雪が減ってようやく見ることができました。
a0039245_22301042.jpg
オオワシ
D500:AF-S Nikkor ED500mm F4DⅡ



# by KX2_Birder | 2017-02-28 22:00 | 猛禽類 | Comments(0)  

ハクガンたちも少し帰ってきた!

まだまだ雪深いフィールドですが、それでも
雪が解けたところにガンたちが集まっている様子が
あちこちで見られるようになりました。
ハクガンたちも30羽ほど帰ってきているようです。

私が見たのは、数羽に分かれた群でしたので
全部合わせるともっと帰ってきているのかもしれません。
a0039245_22112944.jpg
a0039245_22142380.jpg
a0039245_22121423.jpg
a0039245_22131383.jpg
ハクガン
D500:AF-S Nikkor ED500mm F4DⅡ



# by KX2_Birder | 2017-02-26 22:00 | ハクガン | Comments(0)  

ベニマシコ

キクイタダキを撮って、頭上に意識が集中していたせいか
足元にベニマシコがいたことに、まったく気づきませんでした。

鳥が少ないこの時期、被写体が続けて登場するありがたい状況を
見逃すところでした。
a0039245_21473236.jpg
a0039245_2148524.jpg
ベニマシコ
D500:AF-S Nikkor ED500mm F4DⅡ



# by KX2_Birder | 2017-02-23 22:00 | 野鳥全般(野山) | Comments(2)  

キクイタダキ

2月下旬なのにフィールドは雪でふさがれて、
鳥を見に行ける場所が少なく困ります。

何かいないかと杉林の下を車でゆっくり走っていたら
カラの混群が餌を採っていました。
よく見るとキクイタダキも混じっていたので、
無理かと思いつつ手持ちで撮影。
本当に一時たりともじっとしていません(^^;
a0039245_212583.jpg
a0039245_2125563.jpg
キクイタダキ
D500:AF-S Nikkor ED500mm F4DⅡ



# by KX2_Birder | 2017-02-21 22:00 | 野鳥全般(野山) | Comments(2)  

越冬ハクガン

今年は雪が多く、田んぼは雪に覆われてしまい
餌が採れないので、ハクガンたちは皆南へ渡った
ものと思っていましたが、どうやらこちらへ
残って越冬した個体もいたようです。

いつもいるところから、かなり離れたところに
ガンたちがいたのですが、その中に混じって
5羽のハクガンが道路脇で餌を採っていました。
a0039245_21313785.jpg
a0039245_2132233.jpg
a0039245_21333514.jpg
a0039245_2134827.jpg
ハクガン
D500:AF-S Nikkor ED500mm F4DⅡ



# by KX2_Birder | 2017-02-19 22:00 | ハクガン | Comments(0)  

シメのクチバシ

この土日は、日本海側は荒れた天気で
かなりの雪が降りました。
こちらも、ときどきおさまることがあっても
かなりの時間雪が降り続き、とても鳥撮りなんて
状況ではない天気でした。

雪がやんだつかの間、シメが枝に止まってくれました。

ところでシメは、夏羽と冬羽で羽色に大きな変化は
ありませんが、クチバシは夏羽になると青灰色に変わります。
クチバシは生え変わらないだろうから、どうやって色が
変わるんだろうと思いましたが、どうやらピンクの表皮が
はげて下から青灰色のクチバシが出てくるようです。

クチバシのはげかけたシメを見たことはないのですが、
ポロッとはげ落ちるのでしょうか?
それとも擦れて少しづつ色が変わっていくんでしょうか?
不思議ですね~
a0039245_1968.jpg
シメ
D500:AF-S Nikkor ED500mm F4DⅡ



# by KX2_Birder | 2017-02-12 22:00 | 野鳥全般(野山) | Comments(0)