腹ばいになってオオワシを撮る

水路で休むオオワシ、
ジリジリにじりよっても飛ぶ気配がない

さすがに氷の上をほふく前進する勇気は私には
ないので、岸ギリギリまで行って、できるだけ
低いアングルで撮れるよう、雪の上に腹ばいに
なりました。
オオワシとの距離としては、かなり近いと思った
のですが、まったく動じる様子もない。

1時間近く待って、途中で伸びはしてくれたものの
さすがにお腹や足も冷たくなってきました。
もう限界に近いと感じた頃、おもむろに翼を広げ
飛び去ってくれました。

目の前に鳥がいるのに、自分から立ち去るのは
性分に合わないので、飛んでくれて助かりました(^^;
そうでなければ、もう1時間も雪の上にいたかも、、、
a0039245_20305358.jpg
a0039245_20312024.jpg
a0039245_20315799.jpg
a0039245_20332280.jpg
a0039245_20333615.jpg
オオワシ
D500:AF-S Nikkor ED500mm F4DⅡ



by KX2_Birder | 2018-03-02 22:00 | 猛禽類 | Comments(2)  

Commented by Endo at 2018-03-02 23:28 x
そろそろ氷が融けちゃうので、その前に氷の上を匍匐前進して下さい。
その様子を動画で撮影したいです!
期待してますねm(_ _)m
Commented by KX2_Birder at 2018-03-03 19:52
今日は、かなり氷が解けてました。
氷の上でなくても、生まれてこのかた
ほふく前進したことないような、、、
ほふく前進って足も使うんでしたっけ?

<< ハクガンたちも、もうすく北へ帰る頃 ハチジョウツグミ >>