2019年 03月 04日 ( 1 )

 

雁供養

毎年恒例ですが、ガンたちの旅の無事を
祈ってこのお話を紹介します。

今シーズンは例年に比べて雪が少なく
先日は、もう大潟村のガンたちはすっかり抜けて
寂しい光景が広がっていました。

北帰行のためにこちらに集結したガンたちの
滞在も短かったようで、例年ならしばらく
10万羽を超すガンの群が見られるのですが、
ことしは数日で北へ移動したようです。

a0039245_1262429.jpg

∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽

ガンたちは、北の国からの長い旅をする際に
それぞれが一本づつ枝をくわえて飛んでくるという。
疲れると、くわえていた枝を海に浮かべて、
その上にとまって羽を休めて、また旅を続ける。

海を渡り終えて浜につくと、いらなくなった枝を
浜に残しそれぞれの越冬の地へ渡っていく。

春、浜で、秋に置いていった枝をまた
それぞれが一本づつくわえて北の国へ帰って
いくという。

ガンたちが渡っていった後には、不幸にして
日本で命を落としたガンの数だけ枝が残される。

浜の人たちは、その枝を拾い集めて風呂を炊いて
命を落としたガンたちの供養をするという。

∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽

もちろん、渡りのガンたちが枝をくわえて飛んで
いるところを見たこともありませんし、
海に浮かべた枝の上で羽を休めるということも
空想の話だと思います。

でも、こういう自然のいとなみに対する思いが
つまったお話はいつまでも忘れたくないですね。

a0039245_1244149.jpg
a0039245_128484.jpg

ガンたちが、自分の枝をくわえて、無事に北の国へ
帰って、また来年元気な姿を見せてくれることを
期待しています。



by KX2_Birder | 2019-03-04 22:00 | 鳥・撮り・トリビア | Comments(2)