<   2018年 03月 ( 18 )   > この月の画像一覧

 

春の渡りのジョウビタキ

今日は、何ヶ所かでジョウビタキをみかけました。
少しづつですが鳥たちも動き始め、季節は確実に
進んでいます。
a0039245_110557.jpg
ジョウビタキ
D500:AF-S Nikkor ED500mm F4DⅡ



by KX2_Birder | 2018-03-31 22:00 | 野鳥全般(野山) | Comments(0)  

アカエリカイツブリ

男鹿半島の一角にいつもアカエリカイツブリが
集まっているポイントがあります。
そろそろ夏羽の個体も見られるかと思いましたが
まだ少し早いようです。
a0039245_2329341.jpg
アカエリカイツブリ
D500:AF-S Nikkor ED500mm F4DⅡ



by KX2_Birder | 2018-03-27 22:00 | 野鳥全般(水辺) | Comments(0)  

あと2ヶ月で森に響く声

冬鳥たちが旅立って、急に鳥影が薄くなりましたが
もう2ヶ月もすると森にあの声が帰ってきます。

今年は、どんな出会いがあるか、今から楽しみです。
a0039245_2335018.jpg




by KX2_Birder | 2018-03-24 22:00 | アカショウビン | Comments(0)  

長期滞在となったアカツクシガモ

すぐに抜けちゃうんじゃないかと
思っていたアカツクシガモですが、
予想に反して2ヶ月の長期滞在と
なりました。

最近は、港で休んでいることが
多いようです。
この日は、あいにくの曇り空で、
翼鏡の緑は綺麗に出ませんでしたが、
真っ白な雨覆は綺麗でした。
a0039245_08623.jpg
a0039245_081612.jpg
a0039245_08435.jpg
a0039245_085686.jpg
アカツクシガモ
D500:AF-S Nikkor ED500mm F4DⅡ



by KX2_Birder | 2018-03-21 22:00 | ガン・カモ | Comments(0)  

ヒバリ到着

近所の川原ではヒバリがさえずっていました。
冬鳥たちが去り、夏鳥たちが戻ってきています。
これから鳥たちの動きが、さらに活発になる
楽しみな時期です。
a0039245_211161.jpg
ヒバリ
D500:AF-S Nikkor ED500mm F4DⅡ



by KX2_Birder | 2018-03-18 22:00 | 野鳥全般(野山) | Comments(0)  

ハクチョウの群にシジュウカラガン

ハクガン幼鳥が混じっていたハクチョウの群から
少し離れたところでは、ハクチョウの群に
100羽ほどのシジュウカラガンも混じっていました。

やはりハクチョウの群と一緒ということで
いつもよりも警戒心は薄いようです。
a0039245_043561.jpg
a0039245_053071.jpg
a0039245_06112.jpg
シジュウカラガン
D500:AF-S Nikkor ED500mm F4DⅡ



by KX2_Birder | 2018-03-17 22:00 | ガン・カモ | Comments(2)  

ハクチョウの群にハクガン幼鳥

前日にハクガンたちに、今シーズンの
お別れをしたつもりでしたが、
近所の田んぼで、ハクチョウの群に
ハクガンが入っていると連絡をもらい
これはチャンス!と喜んで出撃

人を警戒しないハクチョウの群と
一緒にいるということは、落ち着いて
じっくり撮影できるチャンスかも
しれません。

現場に着くと、期待した通りハクガン幼鳥は
あぜ道のすぐ近くで、餌を採っていました。
その後も伸びをしたり、休んだりと
普段みられない距離で、まったりしたハクガンを
思う存分堪能することができました。
a0039245_23552589.jpg
a0039245_23554953.jpg
a0039245_23562898.jpg
a0039245_2357514.jpg

ハクガンはけっこう小さくて
オオハクチョウと並ぶと、その
サイズの違いをあらためて実感します。
a0039245_23583680.jpg
a0039245_23584510.jpg
ハクガン
D500:AF-S Nikkor ED500mm F4DⅡ



by KX2_Birder | 2018-03-15 22:00 | ハクガン | Comments(4)  

イカルチドリ

いつもコチドリたちが営巣している
近所の河原にチドリの姿がありました。

コチドリにしては、ずいぶん早いなあ
と思い、見てみるとイカルチドリでした。
この河原でイカルチドリを見るのは初めて
かもしれません。
a0039245_1555615.jpg
a0039245_1564233.jpg
a0039245_156528.jpg
イカルチドリ
D500:AF-S Nikkor ED500mm F4DⅡ



by KX2_Birder | 2018-03-14 23:00 | シギチ | Comments(0)  

鴈供養

毎年恒例ですが、ガンたちの旅の無事を
祈ってこのお話を紹介します。

今シーズンは思いのほか雪が多く、
ガンたちも真冬は餌を採るのに苦労したことと
思います。
まだまだ寒い日もありますが、すっかり
雪も解け、ガンたちも渡りの準備を始め、
どんどん南からこちらへ渡ってきています。

まもなく、こちらのガンたちもすっかり
姿を消し長かった冬が終わり、春の訪れを
感じる季節になろうとしています。

a0039245_1443824.jpg

∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽

ガンたちは、北の国からの長い旅をする際に
それぞれが一本づつ枝をくわえて飛んでくるという。
疲れると、くわえていた枝を海に浮かべて、
その上にとまって羽を休めて、また旅を続ける。

海を渡り終えて浜につくと、いらなくなった枝を
浜に残しそれぞれの越冬の地へ渡っていく。

春、浜で、秋に置いていった枝をまた
それぞれが一本づつくわえて北の国へ帰って
いくという。

ガンたちが渡っていった後には、不幸にして
日本で命を落としたガンの数だけ枝が残される。

浜の人たちは、その枝を拾い集めて風呂を炊いて
命を落としたガンたちの供養をするという。

∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽

もちろん、渡りのガンたちが枝をくわえて飛んで
いるところを見たこともありませんし、
海に浮かべた枝の上で羽を休めるということも
空想の話だと思います。

でも、こういう自然のいとなみに対する思いが
つまったお話はいつまでも忘れたくないですね。

a0039245_1462781.jpg
a0039245_1474550.jpg

ガンたちが、自分の枝をくわえて、無事に北の国へ
帰って、また来年元気な姿を見せてくれることを
期待しています。



by KX2_Birder | 2018-03-14 22:00 | 鳥・撮り・トリビア | Comments(0)  

晴天のアカツクシガモ

先日の晴れた日の朝、アカツクシガモが
港の中で休んでいました。

青い水に淡いアカツクシガモの色が映えて
いつもより綺麗に見えました。

最初の頃は、なんだかパッとしない色合いの
カモだなあと思っていましたが、毎週の
ように会ううちに、淡い色合いやつぶらな瞳、
丸い嘴など、かわいい魅力的なカモだなあ
と思うようになりました。

でも気づくのが遅かったようで、最近では
いつもの場所で見かけなくなりました。
どかへ抜けちゃったのかも、、、
a0039245_0561839.jpg
a0039245_057479.jpg
a0039245_0572534.jpg
アカツクシガモ
D500:AF-S Nikkor ED500mm F4DⅡ



by KX2_Birder | 2018-03-13 22:00 | ガン・カモ | Comments(0)